日刊大衆TOP 娯楽

[競馬]シュヴァルグラン重賞制覇だ「阿部幸太郎 オレの美味予想」

[週刊大衆01月25日号]

 中央競馬は昨年の売り上げが、2兆5833億9186万9800円。前年比103.6%で上回り、これで4年連続のアップとなりました。一時は毎年売り上げが前年を下回る長期低迷に陥り、競馬離れが囁かれましたが、それも底を打ち、確実に上昇回復の傾向です。とはいえ、この先の消費税増税、カジノ法案、ギャンブル税の導入案等、一部に不安視する声もあります。この売り上げアップの状況が、不安を吹き飛ばす確実な証しであることを祈ります。

 さて、1月17日は京都で「日経新春杯」が行われます。京都記念と両睨みですが、昨年の日経新春杯優勝のアドマイヤデウス。暮れの金鯱賞で3着のサトノノブレス。重賞の常連で昨年の日経新春杯5着のダコール。参戦して来れば2400メートルで2勝、ダービー4番人気のレーヴミストラル。で、妙味はシュヴァルグランとアドマイヤフライトです。特に本格化著しいシュヴァルグラン。前走のオリオンSで3馬身差の圧勝。準OPが相手とはいえ、役者の違いを見せつけたのです。2400メートルで3戦3勝。重賞初制覇に王手です。また、久々のアドマイヤフライトは昨年の日経新春杯3着の実績。地力は上位です。

■阿部幸太郎 プロフィール
1949年生まれ。宮城県出身。競馬評論家。専門誌に連載を持つほか、ユニークな語り口で競馬番組にも数多く出演。“アベコー"の愛称で多くの競馬ファンに親しまれている。

[競馬]シュヴァルグラン重賞制覇だ「阿部幸太郎 オレの美味予想」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.