日刊大衆TOP 娯楽

井崎脩五郎 「朝風」「大吉」「幸」「横綱」【競馬新理論】

[週刊大衆01月25日号]

「アサカゼ」「タイキチ」「サチ」「ヨコズナ」。なんだか、颯爽として、ツキのありそうな言葉ばかりだが、じつはいずれも馬名。しかもこの4頭、きょうだいなのだ。そして、4頭とも中央競馬で勝ち名乗りをあげている。とくにヨコズナは、重賞の京都記念を勝った(昭和45年)。このヨコズナの活躍もあって、この四きょうだいは、きょうだい揃って良い馬名というと、例の一つとしてあげられることがある。

 さて、この四きょうだい、名前を漢字に直すと「朝風」「大吉」「幸」「横綱」だが、なぜ、大吉はダイキチではなくて、タイキチなのだろうか。それは、濁点をうたずとも通じるものは、うたずにいけという、昔からの通例にならったものではないかと言われている。また、そもそも、ダイキチにすると、それほど良い意味ではないという説もある。江戸時代、深川の岡場所(非合法の私娼地)で、大吉を通り越すと小凶(しょうわる=性悪)になるので、大吉は凶に近い、あまりよくないという言葉遊びがはやったのが、その説の始まりだという。中吉くらいが丁度いいとよく聞くが、中吉を英語に直したセカンドラッキーという馬(昭和42年生まれ)が、中央競馬で堂々の6勝をあげている。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

井崎脩五郎 「朝風」「大吉」「幸」「横綱」【競馬新理論】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.