日刊大衆TOP 芸能

「15億円スった」芸能界最強の“負け伝説”を持つのは誰!?

[別冊週刊大衆 運命をつかみ取る「勝負師」たちの「勝つ生き方」]

「15億円スった」芸能界最強の“負け伝説”を持つのは誰!?

 果たして芸能界最強のギャンブラーとは誰なのか。今回取り上げるのは有名人たちの数々の「豪快負け伝説」。負けるということにいかなる哲学があるのか……。

 仕事を抜けてでも競艇に通い詰め、「競馬は遊び、競艇は勝負」と言い切るボート狂が平成の世の芸能界にもいる。德光和夫、言わずと知れた日本テレビを代表するアナウンサーだ。徳光が涙もろいパブリックイメージの裏に勝負師の心を隠していることは、業界では昔から有名だった。競艇、競馬、オートレースと何でもこなす無類のギャンブル狂で、仕事前にレース場などに立ち寄って渋滞に巻き込まれて遅刻することもしばしば。『ズームイン!!朝!』を担当していた当時は収録後にほぼ毎日競艇場に直行していたという。

 自分の子供の運動会でさえ、「まくれ! まくれ!」と絶叫していたという徳光は、最近になってギャンブルにおいて生涯でスッた総額をバラエティ番組で告白している。

「六本木ミッドタウンにマンションを買ってあげられるくらいですね。6億はいってます。競馬を入れると12、3億は下らないんじゃないかな」

 いくら年収数億円の芸能人とはいえ、その金銭感覚の異常さは指摘するまでもないだろう。そしてそれは徳光に限った話ではない。

「友人たちとラスベガスの豪華ホテルに向かい、24時間貸切のVIPルームで一回に300万円を賭けるという散財ぶりだったそうです。しかもその時は一晩で1億2000万円負け、周囲が心配し休ませようとしても、気づくとまた賭けを始めている」

 そう週刊誌で暴露されたのはAKBプロデューサー・秋元康である。秋元のギャンブル好きは自他ともに認めるところで、「ラスベガスは酸素が濃いから寝なくて大丈夫なんだ」とカジノ滞在時は不眠不休でルーレット台の前に居座るのが恒例だという。同じ記事では「トータル15億円も負けた」とも報道され、直撃された秋元は金額こそ否定したものの、自身のギャンブル好きは認めながらこう答えている。

「昔は、自分の洞察や見込みが正しいことを試してみたかった。 例えば、ルーレットで『次は17が出る』と予見して17に賭ける。それで17が来たとき、自分で納得したり、『なんでわかったの?』と周りから賞賛されることが、プロデュースという仕事に求められる時代を先読みする力とリンクしているところはあったと思う」

 仕事に対するモチベーションとしてのギャンブルとでもいうべきか。しかし時に、とても笑えない賭博常習者の芸能人もいる。2006年のことだった。ニューヨークのJFK空港からラスベガスへ向かう飛行機の手荷物検査で、バッグを麻薬探知犬に疑われた日本人がいた。開けられたバッグの中身は、麻薬ではなく5000万円ほどの米ドル札だった。

「カジノの利用者が大金を持つのは当たり前。麻薬探知犬が現金に反応して悪人みたいに思われたけど、麻薬なんて全く関係ない!」

 そう主張したのは、怨歌の女王故・藤圭子。今や宇多田ヒカルの母親といったほうが通りがいいのかもしれない。藤のバッグのドル札はカジノ用に100ドル冊が4千枚以上、輪ゴムで束ねられていたという。

 藤のカジノ好きはカジノ愛好家のあいだでは有名だった。パリ、モナコ、アムステルダム、ゴールドコースト、世界各地の賭場を歴訪し、鬼気迫る表情で真夜中にスロットマシーンとひとり向き合っている姿を何度も目撃されていた。部屋で眠ることができず、賭場に下りてきて48時間も入り浸ったという。

「まあ、5年間で5億円つかいました」

 テレビのインタビューにそう軽い調子で答えた藤だが、先に挙げた事例などを見る限り、相当にのめり込んでいたようだ。「夢は夜ひらく」などの名曲でも十二分に披露されている、彼女のすさまじいまでの情念がそうさせたのか。その情念を制御するのに疲れ果てたか、藤は2013年に自死を選んでしまう。

 まだ世間のあちこちに暗闇が残っていた昭和という時代をその深すぎる「業」で歌い上げた稀代の歌姫は、いつしか全てがピカピカになった平成の世に、ギャンブルの深淵にこそ安らぎを求めたのか。

<文・鈴木ユーリ/別冊週刊大衆『運命をつかみ取る「勝負師」たちの「勝つ生き方」』より>

「15億円スった」芸能界最強の“負け伝説”を持つのは誰!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.