日刊大衆TOP 芸能

有吉弘行、Hey!Say!JUMP・中島裕翔のカメラ愛に疑問

有吉弘行、Hey!Say!JUMP・中島裕翔のカメラ愛に疑問

 1月7日放送の『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBSテレビ系)にHey!Say!JUMPの中島裕翔(22)が出演。自身の趣味であるカメラについて語るも、有吉弘行(41)、櫻井翔(33)からツッコまれる場面が見られた。この日、番組では中島をはじめとするさとり世代の特徴を解説していったのだが、その中のひとつが「趣味にお金をかける」というもの。中島はまさしくその通りで、趣味でやっているカメラにはお金を惜しまず、なんと27台を所有。雑誌で写真の連載もやっており、最近は湿気を避けるためにカメラ用の防湿庫も買ったのだという。

 その入れ込みようが理解できない様子の有吉。「ぶっちゃけスマホでいいでしょ? めちゃくちゃ加工できるし」と茶々を入れるも、中島は否定。「(スマホとは)レンズとセンサーの距離が近いのでボケ感が違う」など、技術的な理由をあげてカメラのよさを主張。しかしさらに櫻井から「(雑誌の)連載やっているから必死なんですよ」とツッコまれると、中島は素直に「そこを『うん』というわけにはいかない」と、大人の事情も多少はあることを明かしていた。

 小説を執筆したNEWSの加藤シゲアキ(28)のように、ジャニーズであっても率先してキャラ作りを頑張るタレントは数多く存在する。自らの個性を主張しなければ、埋没してしまう現在の芸能界において、中島もまた必死で生き残りを図っているのかもしれない。

有吉弘行、Hey!Say!JUMP・中島裕翔のカメラ愛に疑問

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.