日刊大衆TOP 芸能

バービーの「元相方」はイモトアヤコだった!? 芸人たちの意外な元コンビ事情

バービーの「元相方」はイモトアヤコだった!? 芸人たちの意外な元コンビ事情

 結成、解散、再結成を繰り返すコンビ芸人は多い。今の相方でようやく売れたが、その前にはまさかの人と、不思議なコンビ、トリオだったという例が意外にある。

●フォーリンラブ・バービー(31)……現在の男女コンビになる前、イモトアヤコ(29)と「東京ホルモン娘」というコンビを組んでいた。しかし、イモトが『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のレギュラーオーディションに合格。長期のロケに出てしまったため、コンビは自然消滅してしまった。

●雨上がり決死隊・蛍原徹(48)……宮迫博之(45)とコンビ、雨上がり決死隊で売れた蛍原徹。しかしその昔は、現在ドキュメント芸人として活動するコラアゲンはいごうまん(46)と「ホワイト&ホワイト」というコンビを組んでいた。その後、雨上がり決死隊を組むまでは「のっぺり星人」という名前でピン芸人として活動していた時期もある。また、相方の宮迫は過去に「ぴいぷる」というコンビを組んでいたが、相方はすぐに芸人をやめて起業家に。年商370億円のアパレル企業を作ったことで知られている。

●陣内智則(41)……現在はピン芸人として活動する陣内だが、過去には相方の西口圭(42)と共に、「リミテッド」というコンビで心斎橋2丁目劇場を中心に活動していたが、「2丁目劇場で一番おもんないコンビ」と言われていたという。活動期間は3年ほどで、元相方は芸人を辞め、現在運送会社で勤務している。

●ロンドンブーツ1号2号・田村淳(42)……高校の同級生と「ふぐの助・ふぐ太郎」というコンビを結成し、芸人を目指して上京。しかし、相方が病気で離脱してしまい、同姓という理由で紹介された田村亮(44)とロンドンブーツ1号2号を結成した。ロンブーは銀座7丁目劇場のオーディションに合格して吉本に所属したため、いわゆるNSCの卒業生ではない。

●今田耕司(49)……バラエティ番組だけでなく、昨年話題を呼んだ『下町ロケット』(TBS系)に役者として出演した今田耕司も、元コンビ芸人だった。当時の相方はほんこん(52)。板尾創路(52)と「130R」を組む前のほんこんは「骨付きカルビ」、今田は「上ロース」という芸名で漫才などをやっていたという。

 ほかにも、やむにやまれぬ事情で“バツ1”になった芸人は多い。相方を変えて売れた例もあれば、苦節20年以上の芸人もズラリ。まさに、紙一重だ。

バービーの「元相方」はイモトアヤコだった!? 芸人たちの意外な元コンビ事情

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.