日刊大衆TOP 芸能

小谷実可子、浅尾美和、田中理恵…伝説の「スポーツ美女」30人のいま

[週刊大衆01月25日号]

小谷実可子、浅尾美和、田中理恵…伝説の「スポーツ美女」30人のいま

 その運動能力と美しき肉体で見る人すべてを魅了する女子アスリートたち。記録と記憶に残る女神の現在の姿とは?

 昨年末、偉大なる女子アスリートが電撃的な引退を果たした。女子サッカー日本代表、通称“なでしこジャパン”の大黒柱である澤穂希(37)その人だ。「ラストマッチとなった12月27日の皇后杯決勝で自らゴールを決めて、チームは優勝。見事に有終の美を飾りました。引退後の彼女がどのような活動をしていくのか、サッカー界のみならず、日本中が注目しています」(スポーツ紙デスク)

 リタイアしたスポーツ選手には、それぞれの第二の人生がある。あのヒロインは、その後、どうしているのか? 懐かしい名前から記憶に新しい選手まで、伝説の「スポーツ美女」30人の当時の活躍を振り返りつつ、“今”を取り上げよう。

 2011年、サッカー女子ワールドカップで初優勝をした澤ら“なでしこジャパン”。メンバーには国民栄誉賞が授与されたが、それに先駆けること11年前、00年に女子アスリートとして初めて国民栄誉賞を受賞したのが“Qちゃん”こと高橋尚子(43)だ。「00年シドニー五輪での金メダル獲得は、日本女子陸上界初の快挙でした。翌年のベルリンマラソンでは当時の世界記録も更新。それだけに、彼女が04年アテネ五輪に出場することができなかったのは不可解でしたね」(スポーツ紙記者)

 2度目の五輪出場を果たせなかったQちゃんは、08年に引退を宣言、スポーツキャスターへと転身した。今ではメディアへの露出に加え、各地のスポーツイベントにも引っ張りだこだ。一方、プライベートでは、個人マネージャーを務める男性との交際が12年に明らかになったが、「それから毎年のように、イベントなどでは“年内にもゴールインしたい”と宣言していましたが、結果的に15年もゴールインとはなりませんでした」(前同)

 そんな高橋と同じ小出義雄監督の門下生で、1992年バルセロナで銀、96年アトランタでは銅と2つのメダルを持つ有森裕子(49)も忘れがたい。だが、五輪での栄光だけでなく、私生活でのネガティブな話題も記憶に残る。「98年に結婚相手の金銭トラブルが続々と浮上。それを受けて夫婦で臨んだ会見の席上で、相手の外国人男性が“私は同性愛者だった”と唐突に告白したのは衝撃でしたね」(芸能記者)

 気になる、その後は? 「騒動後もしばらく結婚生活は続けていましたが、結局、11年に離婚をしています」(前同) 独身に戻った有森は現在、日本陸上競技連盟国際委員会特別委員、日体大客員教授などを務めている。「昨年は、新国立競技場問題に対して、“五輪が負の要素のきっかけに思われるようなことは、本望ではない”と涙ながらに訴えていたのが印象的でした」(同)

 私生活がスキャンダラスに報じられた美女が、もう一人いる。新体操が初めて五輪種目となった84年ロサンゼルス五輪の代表選手の一人、山﨑浩子(56)だ。抜群のルックスを芸能界が放っておかず、五輪後にタレントに転身。『クイズダービー』のレギュラー解答者として人気を博した。だが、92年に女優の桜田淳子らとともに統一教会の合同結婚式に参加したことで好奇の目に晒(さら)された。「それも過去の話で、93年には脱会しています。今は第一線の指導者。新体操の日本代表チームのコーチをしています」(夕刊紙記者)

 山﨑と同様、80年代に新種目の顔となったのが、シンクロナイズドスイミングの小谷実可子(49)である。「華麗な演技はもちろん、完璧なスレンダーボディでシンクロの人気アップに大いに貢献しました」(前同) 日本選手団の旗手も務めた88年ソウル五輪では、ソロとデュエット両方で銅メダル獲得と実績も十分。「引退後はスポーツコメンテーターとして活動しつつ、長野五輪広報員、国際オリンピック委員などを歴任。99年に結婚し、現在は二児の母親です」(専門誌記者)

次ページ >> 小谷実可子、浅尾美和、田中理恵…伝説の「スポーツ美女」30人のいま

小谷実可子、浅尾美和、田中理恵…伝説の「スポーツ美女」30人のいま

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.