日刊大衆TOP 芸能

早見あかりだけじゃない! タレント揃いだった「元ももクロ」メンバーたち

早見あかりだけじゃない! タレント揃いだった「元ももクロ」メンバーたち

 大手芸能プロであるスターダストプロモーション所属のアイドルグループ・ももいろクローバーZ。ももクロに「Z」が付く前、現在女優としてブレイク中の早見あかり(20)が在籍していたことはあまりにも有名だが、実は早見以外になんと6人も、メンバーが入れ替わっていたのをご存知だろうか? そんな知られざる「元ももクロ」の現在を紹介したい。

●早見あかり(20)=2008年11月23日~2011年4月10日……2014年、朝ドラ『マッサン』(NHK)で主人公の妹役を演じブレイク。言わずと知れた元ももクロの青である。在籍中はライブのMCを担当し、メンバーの精神的な支えにもなっていたが、2011年、女優の道に進むためグループを退いた。サブリーダーであった早見卒業をきっかけに、グループ名をももいろクローバーから「ももいろクローバーZ」に改名。ももクロ出身を名乗っている唯一の元メンバーだ。

●伊倉愛美(21)=2007年12月~2008年12月29日……1996年、ワンワンでおなじみの子供番組『いないいないばあっ!』(NHKEテレ)虫さん役でテレビデビュー。21歳にして芸歴はすでに20年というベテランだ。『ひとりでできるもん!』(NHKEテレ)の三代目まいちゃん、『天才テレビくんMAX』(NHKEテレ)のテレビ戦士など小学生時代はEテレの顔。2007年にスターダストプロモーションに所属後はももクロメンバーとなった。2008年末からは新アイドルユニット「クリーミー・パフェ」として活動していたが、翌年、太田プロダクションに移籍。水着でのグラビアに挑戦するなど精力的に活動している。

●弓川留奈(21/現・川上リサ)=2008年春……「ももクロ0期」と呼ばれるオリジナルメンバーの一人。この0期には、高城れに(22)、和川未優(22)、伊倉愛美(21)、高井つき奈(20)がいた。弓川は宣材写真を撮っただけで、ももクロを脱退。スターダストプロモーションも辞め、川上リサに改名した。慶応大学法学部在籍中の才媛で、2009年には小説を出版も。将来の夢はアナウンサーとのことで、芸能界復帰も夢ではないかも?

●高井つき奈(20)=2008年春~2008年7月末……こちらもオリジナルメンバーの一人。ももクロ脱退後はSKE48に加入した。2010年、中学3年生のときに学業専念を理由にSKEを卒業。個人での芸能活動は継続していたが、2014年4月、スターダストの公式ホームページから姿を消した。現在は大学に通いながら個人で活動しているようだ。

●藤白すみれ(21)=2008年8月9日~2008年12月29日……高井つき奈が抜けた後に加入。2008年末に脱退し、同じくももクロ初期メンバーであった伊倉愛美、同事務所の春日南歩(19)とともにクリーミー・パフェを結成した。2009年にクリーミー・パフェ活動停止後も、ミスマガジン2010の選考メンバーに選ばれるなど芸能活動を続けていたが、2015年4月に公式プロフィールが削除された。

●柏幸奈(21)=2008年11月23日~2009年3月9日……2007年10月からスターダストプロモーション所属で芸能活動を開始。ももクロ結成前には映画『ICHI』で主演・綾瀬はるか(30)の少女時代を演じた。3ヶ月半でももクロ脱退後はスターダストプロモーションも辞め、神奈川県立の高校に進学。2011年にオーディションにて乃木坂46の第一期メンバーに選ばれるも、2013年に卒業した。

●和川美優(22/現・和川未優)=2008年春~2008年12月29日……女優兼任のアイドルで、ももクロ在籍中も『大好き!五つ子2008』(TBSテレビ系)や『ケータイ捜査官7』(テレビ東京系)などの連ドラに出演。女優業に専念するため、ももクロ脱退となったが、以後は『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)や『古代少女隊ドグーンV』(毎日放送系)のゲスト出演など脇に回った。2012年、事務所ホームページから名前は消えたもの、高城れにや玉井詩織(20)ら、現役ももクロメンバーとはいまだに家族ぐるみで交流があるという。

 そもそもレッスン生の成果発表のためのユニットだったももクロ。結成2年目にしてようやくCDデビューとなるのだが、ここまで人気が出るとは当初誰も予想していなかっただろう。辞めたメンバーすら魅力的なももクロってやっぱりスゴイ!?

早見あかりだけじゃない! タレント揃いだった「元ももクロ」メンバーたち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.