日刊大衆TOP コラム

アメリカ製「宇宙服」1着の驚きのお値段

[週刊大衆2016年02月01日号]

アメリカ製「宇宙服」1着の驚きのお値段

 宇宙旅行が一般的になるのも、それほど遠くない将来かもしれません。しかし宇宙の環境は、地表で考えるよりはるかに過酷です。宇宙空間はほぼ真空。月面の温度は太陽の光が当たると120℃、地球の陰に入るとマイナス150℃まで急降下。危険な宇宙線も飛び交っていて、生身の人間は生存不能です。

 そこで出番となるのが宇宙服。これがあれば、宇宙船の外に出ることもできます。飛行士の命を守る宇宙服は極めて精巧な作りで冷却層、気密層、耐熱層、保護層など14層構造。生命維持装置を合わせた重量は120キロにもなります。地上で着たら立っていられないでしょう。ちなみに、飛行士が宇宙服を着るときは必ず、オムツをつけるそうです。さて、この宇宙服の値段、アメリカ製で1着いくら?

(1)2億円
(2)5億円
(3)10億円

答えはココを押す! 答え :(3)

出題:浜川卓也

アメリカ製「宇宙服」1着の驚きのお値段

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.