日刊大衆TOP コラム

[プチ鹿島]棚橋弘至に注目したい「2016年の新日本プロレス」

 前回の当コラムで中邑真輔の海外移籍について書き、『スターレスラーの退団でピンチとみられるや、逆に新しい展開が起きたり、大化けする人が出てくるのもプロレス史の必須であり嬉しい誤算でもある。イレギュラーはチャンスでもある。となると、2016年の新日本プロレスはますます楽しみではないか。』と最後に書いた。

 では現時点で誰に注目したいか。まず棚橋弘至の名前をあげておきたい。え、なんで棚橋? すでに確固たる存在だろう、と不審がられるかもしれない。おまけに棚橋は今年の1・4でオカダ・カズチカに敗れIWGPヘビー級王座奪回はならなかった。2011年から東京ドーム大会のメーンを務め、すべてに勝利してきたが、ついにストップした。

≪持てる力をすべて出し尽くしての敗戦に、棚橋は「オカダは強い。完全な世代交代を成し遂げられてしまったので、ボクの去就が気になります」と独特の表現でショックを隠さなかった≫(東スポWeb 1月5日)

 オカダ時代到来の気配。いや、だからこそ棚橋なのである。プロレス者は勝者も讃えるが、それ以上に敗者の側に感情を移入する。ここからどう生きる姿をみせてくれるのか。どう考えても棚橋に注目ではないか。芸能ニュースではSMAPをめぐる報道が騒動になったが、プロレス者なら中居君に注目してしまうのと同じ論理である。

 棚橋はオカダに負けたことでフリーハンドを「得てしまった」と私は思う。これは大きい。新日本プロレス復興のために今まで先頭に立って世間の風に当たってきたが、ここでちょっと自由な立場を獲得したと言えまいか。

 ちょうど1年前、私は棚橋弘至とトークする機会をもらった。そこで「棚橋さんは常々、自分を入り口にしてプロレスを好きになって中邑やオカダのファンになってくれればいい。自分は礎でいいと言っていますが今もそう思っていますか」と尋ねてみた。そのときは1・4でオカダに完勝し、あの勝ちっぷりでも礎なのかと思ったからだ。

 棚橋は「あの発言はちょっと今は後悔してますね」と茶目っ気たっぷりに答えたのだ。でも本音だろう。まだまだオレは誰よりもいける。そんな野心を感じた。プロレスファンは野心家が大好きである。

 1年たって、あのときの言葉はさらに重要なものに思えるのだ。棚橋弘至が野心全開で新たに「挑む」ことになったら。その姿や心の内を想像すると興味津々なのである。

プチ鹿島
PROFILE
1970年5月23日生まれ。お笑い芸人。オフィス北野所属。時事ネタを得意とする芸風で、新聞、雑誌などにコラムを多数寄稿。ラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)、「荒川強啓のデイキャッチ」(TBSラジオ)、「キックス」(YBS山梨放送)ほか、TVや映画など多方面で活躍中。



「教養としてのプロレス」(プチ鹿島/双葉社)2014年8月7日発売 新書判304ページ





 今もっとも注目すべき文系芸人・プチ鹿島氏による初の新書が双葉社より発売! 「どの週刊誌よりも売れていた」という90年代黄金期の週刊プロレスや、伝説の編集者・井上義啓氏の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。 「半信半疑力を鍛える」「グレーゾーンを許容する」「差別に自覚的になる」等々、著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための“教養”を、余すところなく披瀝。すべての自己啓発本やビジネス書は、本書を前に、マットに沈むこと必死!

プチ鹿島氏のコラムが読める雑誌「EX大衆」は毎月15日発売!


ブログ:http://orenobaka.com/
ツイッター:@pkashima

[プチ鹿島]棚橋弘至に注目したい「2016年の新日本プロレス」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.