日刊大衆TOP 娯楽

地力アップのネロに楽しみ「阿部幸太郎 オレの美味予想」

[週刊大衆02月08日号]

 グロリアスノアが引退。御年10歳の牡馬でした。ラストランとなったのが1月9日の中山オープン「ポルックスS」。結果は15着ブービー。グロリアスノアはこの日なんと2年6か月ぶりの実戦。持病の脚部不安で、長期休養だったのですが、実は休養前にも脚部不安で2年7か月も休養していました。

 ということは、5年余りで1度だけしか走っていないのです。一般的には2年以上も休養となると、オーナーサイドから引退という声が出るものですが、馬主の高野葉子さんは愛馬の走る姿を夢に見て、ひたすら待ち続けていたのです。それに応えようとスタッフも一丸の努力。1頭60キロを背負いながら懸命の走り。ファンの熱い声援が飛びました。

 さて今週は京都で「シルクロードS」です。今年は高松宮記念に直結する豪華な顔ぶれ。1分6秒7の持ちタイムがあるビッグアーサー。京阪杯2着と6ハロン戦は抜群。対するは京阪杯優勝馬サトノルパン。阪神Cでビッグアーサーに先着したダンスディレクター。淀短距離Sを制した目下3連勝中のローレルベローチェ。抜群の手堅さを見せているアースソニック。役者は揃いました。注目はネロ。昨年は12戦もしながら一戦毎に地力アップ。京洛Sで独走。そして前走のラピスラズリSは2番手で折り合い快勝。1分7秒9の時計。恐らく軽ハンデで楽しみ。

■阿部幸太郎 プロフィール
1949年生まれ。宮城県出身。競馬評論家。専門誌に連載を持つほか、ユニークな語り口で競馬番組にも数多く出演。“アベコー”の愛称で多くの競馬ファンに親しまれている。

地力アップのネロに楽しみ「阿部幸太郎 オレの美味予想」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.