日刊大衆TOP 娯楽

井崎脩五郎「的中に道は色々あり新理論」【競馬新理論】

[週刊大衆02月08日号]

「霧雨と聞いたら、なにを連想する?」そばにいた若い記者に尋ねたら、間髪を入れずに、「霧雨の降る森ですね」という答えが返ってきた。『霧雨の降る森』というホラー・ゲームがあり、大ヒットして、漫画にもなっているし、小説にもなっているという。「霧雨がどうかしたんですか?」というから、出馬表を見せた。昨年の有馬記念の日のことである。

11番 (メ)ランコリア
12番 (サ)ンクタリリアス
13番 (リ)ッシンロケット
14番 (キ)ープレイヤー

 中山6Rで11番から14番に入った馬の頭文字が、キリサメになっていたのだ。それで『霧雨の降る森』から連想して、潤うのは森だなと考え、出馬表に森の字を探したら2頭いた。7番が森厩舎、15番が森中蕃オーナーだった、それで馬連とワイドで7―15を買ったところ、ワイド890円が的中。大喜びしていたら、やってきた立川末広がオレも取ったという。

12番 サンクタリリア(ス)
13番 リッシンロケッ(ト)
14番 キープレイヤ(ー)
15番 シゲルハダカマツ(リ)
16番 タニセンジャッキ(ー)

 馬名の尻文字が、つなげるとストーリー。つまり「話」。話は数字で8・7・4だから枠連を買ったら4-7、1250円が当たったという。色々だよなあ。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

井崎脩五郎「的中に道は色々あり新理論」【競馬新理論】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.