日刊大衆TOP 芸能

伊勢谷友介が炎上、SMAP報道に対する「あほくさ」発言でファン激怒

伊勢谷友介が炎上、SMAP報道に対する「あほくさ」発言でファン激怒

 SMAP解散報道や、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での緊急生放送などをうけて、各メディアが連日のようにSMAPの話題を繰り返している。この報道ぶりに対して、俳優の伊勢谷友介(39)が1月20日、自身のツイッターで「あほくさ」とつぶやいた。

 ダウンタウン・松本人志(52)が、中居正広(43)に「解散したくないなら木村(拓哉)に謝れ」と助言したと報道されたことについて、「100%ウソ!久々に訴えるか!」と自らのツイッター上でニュースを完全否定したのだが、伊勢谷は、その松本の発言したツイートをリツイートし、「あほくさ。スマップの事なんかより、未来において大事な選択肢が国会で選択されてる」と続け、「人が求めるからだというエクスキューズで、大事な事から目をそらし、どうでもいい事に注視させるメディアに、どんなリテラシーがあるんだろうか。。。」とメディアの在り方に対する自身の意見をつぶやいた。

 この発言に対しフォロワーからも同意見があがり、「日本ってこんなことやってていいのか?と思う」「今回の報道は異常すぎる気がしますね。マスコミが連日報道しなければどうなってたのか?って思ったりもします」との声があがったが、「スマップの事“なんか”より」という点が気になったSMAPファンも多く、「言いたい事はとてもわかります。 が、スマップの事なんかよりのなんかて何ですか? 気分悪いですね」「SMAPさんを呼び捨てしないでください」といった批判のコメントが集中した。

「伊勢谷は自身が出演した『劇場版 MOZU』が、“喫煙シーンが多すぎる”と問題になったときにも『本当にどうでも良いと思ってる。そういう所やーやー言われても、無視していくべきだ』と発言したり、バイク運転中にもらい事故をしたときにも『個人の貰い事故なんぞどうでも良いだろ。それより大事なことが溢れてる』と、マスコミ批判を繰り返してきましたが、今までは同意するコメントがよく集まっていました。ただ、今回は多くのファンが心を痛めているなかでの発言だったこともあり、批判的なコメントが集中してますね。とくに『スマップの事なんか』といった冷たい発言は、ファンからすれば火に油を注ぐようなものですよ」(芸能誌ライター)

 今回の伊勢谷のツイートに対して、「あなたにとってはどうでも良いことかもしれませんが、SMAPに元気をもらって生きてる人たちもいる」といった意見や、「SMAPの解散報道は、ジャニファンにとっては重大事件です。逆にアナタのドラマが常に政治と同列視されても良いのですか」といった意見も見られた。

 そうした批判コメントは翌日になっても収まる気配はなく、伊勢谷は1月22日に自身のアカウントにて「SMAPさんの心地の悪そうな会見は同情してしまうものだった。そおっとしておいて欲しくても、多くの人に興味を持たれる。その人々の「興味」の裏で、国会と言う日本の未来を決めていく重要作業が見えなくなる。人は自らが利用される「隠れ蓑」になる事を望んではいない」とツイートした。

伊勢谷友介が炎上、SMAP報道に対する「あほくさ」発言でファン激怒

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.