日刊大衆TOP コラム

世界中の男性が腕時計をしはじめたのは、あの「高級ブランド」のせいだった!

[週刊大衆2016年02月08日号]

世界中の男性が腕時計をしはじめたのは、あの「高級ブランド」のせいだった!

 人類が時計を使い始めたのは約4000年前。エジプトの日時計が最初といわれています。その後、水時計、火時計、砂時計などが作られました。機械式の時計が発明されるのは13世紀になってからです。

 現在も使われている振り子時計が現れるのは17世紀。発明者はオランダのホイヘンスとされていますが、原理を発見したのは地動説で有名なガリレオ・ガリレイ。天井に吊られたランプが揺れる様子を見て、揺れが大きくても小さくても戻ってくる時間は同じであると気づき、設計図を書いたそうです。

 19世紀になると腕時計も登場しますが、当時は女性用のアクセサリーと思われていました。男が持つのは懐中時計。腕時計は男らしくないという風潮があったようです。そんな風潮を変えたのはフランスの時計職人でした。1904年、サントス・デュモンというスター飛行家のために男性用腕時計を開発。これが評判になり、男たちも腕時計をするようになりました。今も高級ブランド名として残っている、その時計職人とは?

(1)カルティエ
(2)ルイ・ヴィトン
(3)シャネル

答えはココを押す! 答え :(1)

出題:浜川卓也

世界中の男性が腕時計をしはじめたのは、あの「高級ブランド」のせいだった!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.