日刊大衆TOP 芸能

吉井理人が斬る!2013プロ野球クライマックスシリーズ vol.3

[週刊大衆10月28日号]

そのほか、ポイントになりそうなのは?
「やはり、継投のタイミングですね。今季、メジャーリーグでプレーオフ進出をかけてレイズとレンジャーズが戦い、レイズのプライス投手が完投勝利した試合がありました。リリーフを出してもいい状況が何度もあったんですが、僕は"これは先発を交代させたら試合の流れが変わる"と思って、観ていたんです。そうしたらレイズの監督も、最後までリリーフを送らず勝ちましたね。僕も投手出身だから、そのなんとも言えない感じがわかるんです。それまで試合を背負っていた投手がいなくなれば、試合の雰囲気はガラリと変わる。やはり、投手は試合の全責任を背負っているんですよ。負けたら投手のせいなんです。その覚悟を持ってやっていますから」

ご自身が短期決戦の怖さを実感したことは?
「やはり、近鉄時代の3連勝から4連敗した巨人との日本シリーズですね」
2戦目、3戦目にリリーフとして登板した吉井氏は無失点で抑え、近鉄の3連勝に貢献。しかし、前述の"加藤発言"後、4戦目に登板した巨人の香田勲男が完封勝ちを収める。
「あれで流れが変わった。それ以降は、何をやってもダメでしたね」

5戦目、7回裏に登板した吉井氏は、それまで18打席無安打だった原辰徳に満塁アーチを浴びる。また、7戦目にはリードされている局面で登板し、引退を表明していた中畑清にも代打ホームランを打たれた。
「もう流れが行ったあとは、何をしてもダメでしたね。最終戦も、登板した時点で僕はもう気持ちが切れていました。ただ、その経験があとで役立ちましたね。95年、ヤクルトで日本一になったときは集中して投げられた。それに、コーチになってからマウンドで集中が切れた投手に、あのときの教訓を話して聞かせることができました。"おまえら、またすぐチャンスが来ると思ってるだろうけど、俺は次に投げるまで6年かかったんだ。だから、いまのチャンスを大切にしろ"と。CSは貴重な体験ですから、どんな場面でも気持ちを切らさず、頑張ってもらいたいですね」


文字どおりの"クライマックス"の盛り上がりを、心から期待したい。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.