日刊大衆TOP 娯楽

忠犬ハチ公はさすがに違う【競馬新理論】井崎脩五郎

[週刊大衆2016年02月15日号]

 石原裕次郎が歌う『俺は待ってるぜ』が大ヒットした昭和33年。あの当時、ラジオから流れてくる漫才で、よく、こういうやりとりがあった。

「俺は待ってるぜという歌。流行(はや)ってますなあ」

「子供まで歌ってますな」

「あれは、犬のことを歌ってるって、君、知ってたか?」

「いや、初耳や」

「じゃあ、教えてやろ。あれはな、忠犬ハチ公のことを歌ってるんやで。俺は待ってるぜ」

「そな、アホな」

 なんでこんなに覚えているかというと、これを真似した漫才を、同級生と学芸会でやったからである。今でも、クラス会をやるとしばしばこの話が出る。

 ご存知のとおり、ハチ公は主人亡きあとも渋谷駅前でその帰りを待ち続けた忠犬。じつはJRAには、レース名に“犬”がつく犬山特別というレースがあり、ここにオレハマッテルゼ(俺は待ってるぜ)の産駒が出てきたら、新理論好きは買うだろうなあと思っていたら、昨年12月12日(土)、ついに出てきた。マル地のオウノミチ(そういえばハチ公も地方の秋田出身)。そこでこの馬から、ハチ公にちなんで8番と8枠へ馬連を買ったところ、なんと1520円という馬連が当たってしまった。さすが忠犬ハチ公と言うしかないなあ。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

忠犬ハチ公はさすがに違う【競馬新理論】井崎脩五郎

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.