日刊大衆TOP 芸能

選手からの人望は金本が一歩リード!【金本VS高橋・新監督“激突”大予測!人望編】

[増刊大衆2016年01月26日号]

選手からの人望は金本が一歩リード!【金本VS高橋・新監督“激突”大予測!人望編】

 巨人に高橋由伸(40)、阪神に金本知憲(47)——東西の人気2チームに新監督が誕生した。そこで、新指揮官の就任で注目の的となるであろう2016年の“伝統の一戦”の行方を、2人の監督力を比較することで占ってみよう。

 指揮官に不可欠な要素の一つに“人望”がある。プロ野球選手も人間だ。嫌な上司のために、死力を振り絞って戦おうという気持ちにはなれない。それでは、2人の人望はどうなのか。

 まずは高橋由伸新監督から。慶応大学時代の後輩で、西武の佐藤友亮・一軍外野守備走塁コーチは、「後輩を怒ることがなく、後輩が叱られていたら庇ってくれる仏様のような人」と高橋を評している。巨人の後輩たちからも、同様の声が聞こえてくる。「イメージどおりの紳士ですね。本当に優しい方で、若手、後輩選手の鑑です」(杉内俊哉投手)「頼れる優しい兄貴」(坂本勇人内野手)

 また、大学時代の恩師・後藤寿彦元監督は、「試合の勝敗にはすごくこだわるのに、自分の記録や賞についてはギラギラしていない」と、印象を述べている。確かに現役時代の高橋は、常にチームの勝利を最優先に考え、自身の記録については無頓着だった。たとえば、ケガを恐れず、何度もフェンスギリギリのボールに飛び込んだ。その勇気ゆえに、ケガに泣かされ、休みがちだったが、それもまた、後輩の信頼を勝ち取る要素となっている。

次ページ >> 選手からの人望は金本が一歩リード!【金本VS高橋・新監督“激突”大予測!人望編】

選手からの人望は金本が一歩リード!【金本VS高橋・新監督“激突”大予測!人望編】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.