日刊大衆TOP 芸能

巨人が企てる次期監督人事「由伸の次は松井!」衝撃情報

[週刊大衆2016年02月15日号]

巨人が企てる次期監督人事「由伸の次は松井!」衝撃情報

 背番号24が指揮を執る宮崎に突如、ゴジラが緊急参戦――。臨時コーチ就任のその先に、“松井巨人誕生”の灯を見た!

 松井秀喜が、巨人軍のグラウンドに帰ってきた! 2月1日から、プロ野球もキャンプイン。高橋由伸新監督率いる巨人軍も宮崎で始動したが、由伸監督以上に、メディアやファンの熱い注目を集めているのが、松井秀喜臨時コーチだ。「宮崎春季キャンプの全日程(2月1~14日)のすべてに帯同し、ミーティングなどにも参加する予定です。1軍、2軍、3軍のすべてを見て回り、バッティング指導をするそうですよ」(スポーツ紙デスク)

 松井氏が臨時コーチとして巨人キャンプに協力するのは、14年に次いで2年ぶり2回目。昨年、2泊3日の「視察」でお茶を濁したことから考えると、気持ちの入り方が違うようだ。14年のキャンプ時、当時の指揮官・原辰徳監督以上に目立ってしまったことから、15年のキャンプでは原監督に気を遣って、目立たないようにしていたようだが、今回は由伸政権発足直後から、「彼の思うような監督、チームになってほしい。カバン持ち以外なら、やりますよ」と、冗談交じりに全面支援を確約していたのだ。

 巨人軍OBで野球評論家の黒江透修さんは、「松井は高橋監督と親しい間柄ですから、協力することになったんでしょう」と推測するが、理由はもちろん、それだけではあるまい。「実は、原前監督が辞任した場合、後釜の最有力候補は松井でした。ところが松井には、まったくその気がないので“次善の策”として由伸に白羽の矢が立った。松井には、“自分が断ったことで、由伸に大変な仕事を押しつけてしまった”という負い目があるんでしょう」(前同) 実は昨年、巨人軍の首脳は非公式に、松井氏に次期巨人軍監督就任を打診していたという。

 事情を知る関係者が、こう証言する。「昨年7月、メジャーのオールスター視察を名目に、巨人軍の久保博球団社長が渡米した際、ニューヨークで松井と会食しているんです。当然、監督就任の話になったところ、松井は13年に生まれた一人息子の養育を理由に、しばらくはアメリカで生活したいと答えたようです」 その際、久保社長は松井氏に次のように忠告したという。「人事にはタイミングというものがあるんだよ」 今のチャンスを逃せば、次にいつ、そういう話があるか分からない。久保社長は、そういったニュアンスを込めたが、彼の返事は変わらなかったという。

 その後、後半戦に入り、今度は堤辰佳GMが密かに渡米し、松井氏と相対した。だが、彼の返事は変わらず。堤GMが、「後輩の由伸が先に監督になることになるが……」と問いかけると、松井氏は、「由伸監督で良いのではないでしょうか」と答えたという。

次ページ >> 巨人が企てる次期監督人事「由伸の次は松井!」衝撃情報

巨人が企てる次期監督人事「由伸の次は松井!」衝撃情報

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.