日刊大衆TOP 社会

不祥事続きの安倍内閣「スキャンダル歴代大臣」憤激リスト

[週刊大衆2016年02月15日号]

不祥事続きの安倍内閣「スキャンダル歴代大臣」憤激リスト

 続投示唆から一転、TPPの調印式目前に辞任した甘利氏。発足以来、閣僚不祥事が続発する政権の暗部を一挙出し!!

 週刊誌報道に端を発した金銭スキャンダルの責任を取るかたちで、甘利明TPP担当大臣が1月28日、大臣職の辞任を表明した。「千葉県内の建設会社であるS社から、秘書に加え、甘利大臣自身も現金を受け取ったと報じられています。S社は千葉県内の再開発を巡り、UR(独立行政法人都市再生機構)とトラブルを抱えており、その解決を甘利事務所に依頼し金銭を支払ったというわけです」(全国紙政治部記者)

 事件をスッパ抜いた『週刊文春』の報道によれば、甘利事務所関係者がたびたびURを訪れており、S社との示談金を吊り上げる交渉を行ったとされている。「これが事実ならば、甘利サイドには政治資金規正法違反やあっせん収賄罪が適用される可能性があります。S社を代表して甘利サイドと交渉を行った男性は、会話の録音記録や金銭授受の動かぬ証拠を残しているとされたため、“うやむやにするのは難しい事案”だったのでしょう」(前同)

 安倍政権の中核を成す閣僚の辞任劇は、政局にどのような影響を及ぼすのか。「2012年12月に安倍さんが首相に返り咲き組閣されたのが第2次安倍内閣。以来、第2次改造(14年9月)、衆院選挙を経て第3次安倍内閣(14年12月)ときて、現在は自民党総裁選を経ての第3次改造と、4度の組閣がありました。そのたびに閣僚の面子は入れ替わっていますが、甘利さんはずっと閣内にとどまっている安倍政権の“中心メンバーの一人”。その人物が辞任に追い込まれたことは、非常に重いですね」(政治部デスク)

 思えば安倍内閣はこれまでも、大小無数のスキャンダルに見舞われてきた。「特に、小渕優子経産大臣と松島みどり法務大臣が“ダブル辞任”した14年10月は正念場でした。女性の進出をブチ上げ入閣させた両者がともに、就任から1か月余りで辞任したわけですからね。通常の内閣ならこれで政権が吹っ飛び“ジ・エンド”ですが、安倍政権は発足以来“一強多弱”。安倍首相以下、官邸の圧倒的求心力でこうした醜聞をねじ伏せてきたわけです」(前同)

 ただ甘利氏は、これまでの閣僚とは“格”が異なる首相の側近中の側近だ。「なお悪いことに、今国会最大のテーマはTPP。本来なら甘利さんは、TPP担当大臣として今国会の主役になるはずだったわけです。その当人が疑惑を抱えたままだと、野党の追及で審議はストップ。国会は停滞し、政権の支持率が急落したはずです」(前出の記者) 実際、自民党内では、週刊誌が発売になるや、「甘利大臣の辞任は不可避」と見られていたという。「“秘書がやったこと”の逃げ口上も通用しません。13年11月と翌年2月に、S社から計100万円の現金を大臣室と事務所で甘利さん本人が受け取り、フトコロに入れたと報じられていますからね。事態を重く見た官邸でも、週刊誌発売当日から菅官房長官を中心に“後任選び”が開始されたといいます」(前同)

 一方、甘利大臣に絶大な信頼を寄せていた安倍首相は、「辞任はするな!」のスタンスだったという。「スキャンダル発覚後、甘利さんは菅義偉官房長官同席のもと、安倍首相に会い、“2月4日にニュージーランドで開かれるTPP交渉署名式だけは出席したい。その後の私の処遇は総理に一任します”と言ったとか。ところが安倍首相は、“何が何でも守るので耐え忍んでください”と、2月4日以降、折を見て辞任する意向の甘利さんを逆に説得したようです」(前同)

 とはいえ、野党はもとより与党内でも日増しに批判の声が大きくなってきた。「甘利さんが4日のTPP署名式に出席するのは、日本の恥ですよ。TPPは自由貿易の協定ですから、その担当大臣が賄賂をもらっていたとなれば、国際的な信用問題ですからね。辞任は当然でしょう」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏) 安倍首相は甘利氏が辞任を表明する前日の参議院で、甘利氏の続投を明言していたが、これは“茶番”だった可能性が濃厚だ。「完全な“演出”ですね。慰留をしておいて世間に続投を信じ込ませたうえで、翌日、甘利さん本人が辞任会見する。“潔さ”をアピールして、政権へのダメージを最小限に抑えようというわけです」(前同)

 建設業者からの現金をフトコロにしまったとされる“フトコロ大臣”こと甘利氏。結局辞任に追い込まれたが、この騒動を息を殺して見ていた御仁がいる。高木毅・原発事故再生担当相だ。高木大臣には福井県敦賀市の住宅街で、女性のアンダーウェアを盗んでいたという過去の疑惑が報じられている。「地方紙が一面で高木氏の泥棒疑惑を取り上げ、疑惑は事実だとする捜査関係者のコメントまで掲載されています。加えて有権者への香典代を巡る公職選挙法違反の疑惑もあり、安倍内閣の“爆弾”と見られています」(前出の鈴木氏) 夏に選挙を控える参院からは、「高木を甘利と一緒に処分してほしい」という声があがっているという。

次ページ >> 不祥事続きの安倍内閣「スキャンダル歴代大臣」憤激リスト

不祥事続きの安倍内閣「スキャンダル歴代大臣」憤激リスト

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.