日刊大衆TOP コラム

アメリカ英語とイギリス英語、なにが違う?

[週刊大衆02月15日号]

アメリカ英語とイギリス英語、なにが違う?

 日本人が習う英語は主にアメリカ英語。イギリス英語とは、いろいろな違いがあります。まず単語が違います。たとえばアメリカ英語のオータム(秋)、ムービー(映画)、エレベーターは、イギリス英語でフォール、フィルム、リフト。ファーストフロアはアメリカでは1階、イギリスでは2階の意味です。

 単語以外の発音、スペル、文法などにも差がありますから、日本で英語に自信がある人でも、イギリスに行くと戸惑うことがありそうです。イギリス英語といえば、クイーンズイングリッシュを連想する人も多いでしょう。ロイヤルファミリーが公式の場所で使うような、上品できれいな発音の英語。公共放送のBBCで使われたことから、BBCイングリッシュともいわれます。

 しかし実際のイギリス社会では、こうした英語を聞く機会はほとんどなく、きちんと話せる人も激減しているそうです。現在のイギリス人で、クイーンズイングリッシュを話せるのは何%ぐらいといわれている?

(1)3%
(2)9%
(3)15%

答えはココを押す! 答え:(1)

出題:浜川卓也

アメリカ英語とイギリス英語、なにが違う?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


注目キーワード


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.