日刊大衆TOP コラム

[プチ鹿島]25年後の「東京ラブストーリー」と長州力

 あの『東京ラブストーリー』の25年後が描かれると知って、ビッグコミックスピリッツ(2月8日号)を買った。原作は読んだことがなくてドラマしか見たことがない。でも続編ときいて思わず買ってしまった。なぜなら私はおじさんだからだ。

 私は『東京ラブストーリー』を通じてあの頃を買ったのである。現在のカンチやリカを読みつつも、「25年前の自分」「90年代初期の空気」を思い出しながら読んでいた。私と同じような気持ちでこの続編を読んだ人もたぶん多いはず。

 同世代のプロレスファンにも懐かしい風景だ。80年代にゴールデンタイムのプロレスで少年時代を経た世代は、90年代にドームプロレスを体験した。ひたすら会場の器が大きくなる時代。これは次々に恋愛ドラマがヒットしたバブル期の時代に重なる。長州力率いる新日本プロレスが闘魂三銃士を擁してビッグマッチを見せてくれた。

 あの頃の若者は大人になり、懐かしさにもおカネを落とす層になった。『東京ラブストーリー』の続編が載るというならビッグコミックスピリッツを買ってしまう。

 プロレスも、現在のレスラーを楽しみつつ、興行によってはレジェンドレスラーの試合を今でも楽しむことができる。もしくは、あの頃のことを書いた雑誌やムックを多くみる。需要があって売れているからだろう。つまり、もうひとつの市場ができたのである。

 懐かしさだけではない。カンチもリカも長州力も25年後も「今」を見せてくれている。単身赴任でくたびれた様子のカンチを見るのは複雑な気持ちになるかもしれないけど、プロレスファンならオールオッケーである。生きるさまをすべて見させていただく。

 先日も長州力と藤波辰爾は音楽と格闘技のコラボイベントで日本武道館で対戦したという。60代対決。だったら、赤名リカと永尾カンチの“名勝負数え唄”も50代に突入しても見てみたい。どこまでも見守るのがプロレスファンです。

プチ鹿島
PROFILE
1970年5月23日生まれ。お笑い芸人。オフィス北野所属。時事ネタを得意とする芸風で、新聞、雑誌などにコラムを多数寄稿。ラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)、「荒川強啓のデイキャッチ」(TBSラジオ)、「キックス」(YBS山梨放送)ほか、TVや映画など多方面で活躍中。



「教養としてのプロレス」(プチ鹿島/双葉社)2014年8月7日発売 新書判304ページ





 今もっとも注目すべき文系芸人・プチ鹿島氏による初の新書が双葉社より発売! 「どの週刊誌よりも売れていた」という90年代黄金期の週刊プロレスや、伝説の編集者・井上義啓氏の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。 「半信半疑力を鍛える」「グレーゾーンを許容する」「差別に自覚的になる」等々、著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための“教養”を、余すところなく披瀝。すべての自己啓発本やビジネス書は、本書を前に、マットに沈むこと必死!

プチ鹿島氏のコラムが読める雑誌「EX大衆」は毎月15日発売!


ブログ:http://orenobaka.com/
ツイッター:@pkashima

[プチ鹿島]25年後の「東京ラブストーリー」と長州力

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.