日刊大衆TOP 芸能

NHK井上あさひアナ「全国放送に復帰」の舞台裏

[週刊大衆2016年02月29日号]

NHK井上あさひアナ「全国放送に復帰」の舞台裏

「あの、“サラリーマンのアイドル”NHKの井上あさひアナ(34)が復活するんですよ!」と興奮気味に話すのはテレビ誌記者。

「『ニュースウォッチ9』のキャスターを昨年3月に降板。翌月から京都放送局に異動になるや“あさひロス”という言葉すら生まれましたからね。台風中継で一瞬、映るだけでも大騒ぎだった彼女が、毎週見られるとは……」(前同) というのも、4月からリニューアルする『クローズアップ現代+』の新キャスターとして、井上アナの出演が決まったのだ。「2月2日の会見で、井上アナや杉浦友紀アナら7人のキャスターが日替わりで登場することが発表されました。人気の女子アナを揃え、裏番組となるテレ朝の『報道ステーション』を撃墜する狙いでしょう」(同)

 さらに、その会見の2日後には、『歴史秘話ヒストリア』の4月からの新キャスターに、彼女が就任したことも発表された。発表会見では「歴史と言いますと、これまでどちらかというと、というか完全に苦手」と、お茶目な発言で笑いを誘った井上アナ。だが、あさひファンが注目したのは、むしろ、「今、京都で暮らしているということも幸せなんですが」というコメントだという。「京都異動にはキナ臭い憶測が飛び交いましたからね。幸せそうで安心しました」と語るのは芸能記者。「好きなアナウンサーランキングでもトップ10入りした井上アナが、いきなり地方の京都放送局に異動なんて、事実上の左遷ですよ。実は、これにはNHKアナウンス部内での派閥抗争が影響しているという話もあって……」(前同)

 その黒幕はなんと、NHKの女帝・有働由美子アナだという。「有働アナの後継を巡り、局内が井上アナ派と『おはよう日本』で大人気の和久田麻由子アナ派に二分したとか。しかし、有働アナとしてはトップの座を譲るつもりはなく、代替わりを急ぐ井上アナ派は敗北。まだ27歳と若く、下克上の心配が当面ない和久田アナ派が勝って東京に残った、なんて噂もあります」(前同)

 その一方で、こんな話も出ている。「実は、井上アナは関西に住む彼氏と長らく遠距離恋愛をしていたようなんです。結婚の話も出始め、本人が関西への異動を願い出た結果ともいわれています」(夕刊紙記者)

 いずれにせよ、“あさひロス”現象はNHKにとって予想外だったという。「異動してもなお騒がれる井上アナの存在感を、上層部も無視できなくなったようです。やらせ疑惑でイメージが低下した『クロ現』の視聴率アップに欠かせない存在として、全国ネットの番組に呼び戻されることとなりました」(前同)

 だが、ここにきて派閥争いの余波を思わせる事件が。「有働アナも『クロ現』新キャスターの一人として名前が挙がっていましたが、井上アナと並ぶのはプライドが許さなかったのか、直前になって話はなくなりました。有働アナを取るか、井上アナを取るかとなったあげく、『クロ現』メイン視聴者であるサラリーマンに強い井上アナが抜擢されたといいます」(前出の芸能記者)——“朝の顔”有働アナを、“夜の顔”井上アナが追い落とす日も近い!?

NHK井上あさひアナ「全国放送に復帰」の舞台裏

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.