日刊大衆TOP コラム

[プチ鹿島]馳大臣は「組体操」問題に声をあげるべき

 馳浩が文部科学大臣になったときから「馳が着手すべき物件がある。それは組体操だ」と私は言い続けてきた。

 小中学校の運動会で「組体操」の事故が多発しているというニュースはご存じだろう。昨年秋の運動会シーズンのとき、私はTBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」のコーナーで調べてみた。ポイントは、組体操は学習指導要領に入っておらず、あくまで各学校の特別活動でおこなわれている点だ。

 文科省に電話して聞いてみたら、文科省としては「特別活動に口をはさむことは各学校の自由を奪うことになる」という立場なのだ。たしかに、何でも国に決めてもらうのは時代に逆行する。しかし「危険な組体操」にかぎっては文科省の対応を求める声がすでに出ていた。

 そんなときに馳が文部科学大臣になった。馳は「危険な大技」についての第一人者である。バックドロップの受け身を取り損ねて心肺停止になったこともある。そのあと受け身に磨きをかけ、90年代の大技が高度化するプロレス界を引っ張った当事者だ。

「大技の高度化がとまらない」に隠れているのは「観客のとまらない欲望」である。この問題が不条理なのは、プロレスラーには観客からチケット代が支払われているけど、組体操はプロの興行でもなければ、専門的に毎日トレーニングしているわけではない。いわば観客や教師の感動や満足感のために“無料で”高度で危険な技をおこなっているのだ。

 しかし、なかなか組体操問題について事態は動かなかった。そして今週。『組み体操の安全性検討 超党派議連が発足』(東京新聞・2月17日)というニュースがあがった。

 組体操について考える超党派議員連盟の設立総会があり、今月中にも文部科学省に提言するという。馳浩文科相も出席し「組み体操は子どもに責任がないのに事故に遭う可能性がある。超党派で議論することが非常に重要だ」と発言した。

 私は組体操をすべてやめるべきだとは思っていないが、「危険な大技」「大技の高度化」には歯止めをかけたほうがいいと考える。それこそ、大技を受けとめる馳のプロレスを見てきたからだ。「馳じゃなかったら今の危ないな」と思ってきたからだ。

 どこかまだ馳大臣は運動会での危険な大技について他人事のような気がする。馳にとっては経験が生かされる物件だと思うのだが。

プチ鹿島
PROFILE
1970年5月23日生まれ。お笑い芸人。オフィス北野所属。時事ネタを得意とする芸風で、新聞、雑誌などにコラムを多数寄稿。ラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)、「荒川強啓のデイキャッチ」(TBSラジオ)、「キックス」(YBS山梨放送)ほか、TVや映画など多方面で活躍中。



「教養としてのプロレス」(プチ鹿島/双葉社)2014年8月7日発売 新書判304ページ





 今もっとも注目すべき文系芸人・プチ鹿島氏による初の新書が双葉社より発売! 「どの週刊誌よりも売れていた」という90年代黄金期の週刊プロレスや、伝説の編集者・井上義啓氏の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。 「半信半疑力を鍛える」「グレーゾーンを許容する」「差別に自覚的になる」等々、著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための“教養”を、余すところなく披瀝。すべての自己啓発本やビジネス書は、本書を前に、マットに沈むこと必死!

プチ鹿島氏のコラムが読める雑誌「EX大衆」は毎月15日発売!


ブログ:http://orenobaka.com/
ツイッター:@pkashima

[プチ鹿島]馳大臣は「組体操」問題に声をあげるべき

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.