日刊大衆TOP 芸能

ディーン・フジオカ「日本に住むなら、江戸川区」と明言した理由とは?

ディーン・フジオカ「日本に住むなら、江戸川区」と明言した理由とは?

 2月18日放送の『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBSテレビ系)にディーン・フジオカ(35)が出演。食通で知られるミュージシャンの小宮山雄飛(42)とともに、食に対するこだわりを語った。

 ディーンがこだわっているのは、ベトナム料理のフォー。しかし、ただのフォーではダメで、アメリカ西海岸流のビーフフォーだというのだ。これは生の牛肉にスープをかけ、別盛りで出されるバジルやコリアンダー等の生野菜と一緒に食べるのが特徴なのだが、ディーンのこだわりはやたらに細かい。

「スープは熱々がいいですね。なぜかというと、そこに半生のお肉だったり新鮮な野菜が入ってきた時に、ちょうど温度が良くなるんです。で、背油の具合も若干微妙な差なんですけど、スープの上に、丸い油が浮いているのがいいですね。麺に関しては、平べったいタイプは嫌いなんですよ。あれよりもちょっとタイトな感じで、硬さが少し残っているのがいいんですよね。ふにゃふにゃしてない位のアルデンテ感が」と語り、小宮山をあきれさせるほどであった。

「お気に入りのフォーが食べられないから東京には住めない」とまで言い切るディーン。この日はディーンのためにいろいろ調べたあげく江戸川区のお店へ連れて行ったのだが、なんとこちらのフォーが、かなり気に入った様子だった。「この肉はおいしい」「麺もちょうどいい硬さ」と、嬉しそうにフォーを食べるディーン。小宮山から江戸川区に住めるかどうか聞かれると「住めると思います」と、しっかり言い切っていた。

「福島生まれで千葉育ちのディーンは、生粋の日本人ですが、活動拠点は海外で今もインドネシアに奥さんと2人の子どもと一緒に住んでいます。ただ、このところ仕事が多いので日本に再び戻るのでは? という噂も聞きますよ。江戸川区はもともとインド人を始めタイ人など、アジア系の人たちが多く住んでいることで知られています。もし住んだとしても、快適に過ごせるのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)――今や女性から絶大な支持を受けているディーン。もし江戸川区に移住するとなれば、フィーバーがさらに加熱することは間違いないだろう。

ディーン・フジオカ「日本に住むなら、江戸川区」と明言した理由とは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


注目キーワード


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.