日刊大衆TOP 芸能

ビッグダディ林下清志氏が本誌に語った番組舞台裏「ギャラと演出とカットされた名言」 vol.02

[週刊大衆01月27日号]

林下さんによる自己演出によって、高速土下座などの名場面や「俺はこういう人間だ!」「普通じゃないよ、普通じゃない」という名言が生まれた。
「別に狙って言ったとかではありませんけどね。でもカットされた中にも、いくつか名言はありましたよ。娘3人が中学に入ったときに、"子供ができて、勝手に殺すようなことするなよ。お前の子供でもあり、俺の孫でもあるんだ"とか、"オマ○コを持って生まれてきた以上、常にレイプされる可能性がある。もし逃げ切れなかったときには、股を広げてヤラせてやれ。抵抗して傷害を受けるほうが親にとって苦しい"は放送では使われませんでしたね」

まさにビッグダディならではの言葉。

ダディは今年、本業の接骨院を完全予約制にしてセーブしながら、タレント活動に専念する。
「どうせメディアに出れば"お前舐めてるな"って言われるから、先に"今年は人生舐めてかかる"って言ってやったんです。タレントでずっと食っていくつもりもないし、俺はご意見番のおばさんに何か言われても"どうせ股を広げてきたんでしょ"って言えますから」

最後に、「こうやってかまってもらって本当にうれしい」と口にしたダディ。

今年も"ビッグダディ旋風"が吹き荒れそうだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.