日刊大衆TOP トレンド

悪質施術が横行!「危険なマッサージ」の見分け方

[週刊大衆03月07日号]

悪質施術が横行!「危険なマッサージ」の見分け方

 肩や腰のコリをほぐすつもりが、逆に健康を害することも。悪質な施術に騙されないよう正しい知識を身につけよう!

 最近、足裏マッサージや○○式マッサージ、あるいは整体、カイロプラクティック、手揉み、ツボ押しなどの看板を掲げる店が街のあちこちにできている。2~3000円の手頃な料金とあって利用したことがある方も多いだろうが、全国の消費者センターでは、「こうした店でかえって体調を崩した」という相談が増加している。まずは、そのいくつかを紹介しよう。

 神奈川県に住む60代の男性は健康ランドでマッサージを受けた。ところが、マッサージの後に腰や脚に痛みが出て、歩くこともできない状態になった。翌日、整形外科を受診したところ「脊椎管狭窄症(せきついかんきょうさくしょう)がマッサージで強く押したため痛みが出た」と診断された。男性はこの治療に1か月かかり、その間、仕事もできなくなった。マッサージ店に苦情を言うと、「もともと病気があったのだから(病院の)治療費しか出せない」と言われた。その後、施術者がマッサージ治療の免許を持っていないことを知った。店側は「マッサージではなくボディケアだから、免許は必要ない」という対応だった。

 東京都在住の40代女性は、中国式マッサージの店で施術を受けた。ところが、帰宅すると体がだるく、寝るときも腰が痛くて寝返りも打てなくなってしまった。翌朝も腰を伸ばすことができないほど痛かったので店に連絡すると、もう一度来て施術を受けるように言われた。再度施術してもらったが、今度は脚にしびれを感じた。マッサージ店に症状を伝え、施術代を返金してほしいと伝えたが、「こちらは間違いなく、きちんと施術している」と言われた。

 接骨院でカイロプラクティックのコースを受けた東京都在住の30代女性は、施術後、胸が痛くなったため、整形外科病院でレントゲンを撮ってもらったところ、肋軟骨(ろくなんこつ)の負傷との診断。その後、めまいなどを感じたため、再度、病院で診てもらうと、頸椎(けいつい)捻挫と診断された。これで体調もおかしくなり仕事も辞めざるをえなくなった。弁護士や保健所などにも相談したが、「因果関係がはっきりしない」と言われ、保障は受けられなかった。

次ページ >> 悪質施術が横行!「危険なマッサージ」の見分け方

悪質施術が横行!「危険なマッサージ」の見分け方

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.