日刊大衆TOP コラム

あのノーベルが“女性に脅されて”支払った「オドロキの金額」

[週刊大衆03月07日号]

あのノーベルが“女性に脅されて”支払った「オドロキの金額」

 ダイナマイトの発明で巨万の富を築き、ノーベル賞を創設したアルフレッド・ノーベルは一生独身を通しました。でも、女が嫌いだったわけではありません。

 43歳のとき、20歳の花売り娘ゾフィー・ヘスに一目惚れ。猛アタックをして恋人関係に持ち込むことに成功しています。ノーベルはゾフィーを自宅に招き、レディとしての教養を身につけさせようとしました。いずれは妻にしたいと考えていたのかもしれません。しかし、ゾフィーの関心はノーベルではなく、ノーベルの金にありました。

 深い関係になると純情娘の仮面を脱ぎ捨て、贅沢のし放題。ノーベルの財産を湯水のように浪費し、ついには遊び仲間だった若い男の子どもを妊娠してしまいます。惚れた弱みでゾフィーのワガママを許してきたノーベルも、この裏切りには幻滅。別れを切り出します。するとゾフィーは、関係をバラすと脅して金を要求。結局、ノーベルは、その後も20年間にわたってゾフィーに金を払い続けています。ノーベルがゾフィーにむしり取られた金の総額、現在の貨幣価値に換算してどれくらいといわれている?

(1)100億円
(2)200億円
(3)300億円

答えはココを押す! 答え:(3)

出題:浜川卓也

あのノーベルが“女性に脅されて”支払った「オドロキの金額」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.