日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】実は“平成の弥生賞男”なんです

[週刊大衆03月14日号]

 いつ、誰がそう呼びはじめたのかわかりませんが、サラブレッドにはニックネームが付けられています。オールドファンに懐かしいのは、“皇帝”シンボリルドルフ。“天馬”トウショウボーイ。“流星の貴公子”テンポイト。“ナタの切れ味”シンザンあたりでしょうか。

 僕がパートナーを組ませてもらったエアグルーヴは“女帝”。ディープインパクトは“英雄”。サイレンススズカは“異次元の逃亡者”と呼ばれていたようです。以前は、騎手にもこの異名というのがあって。“豪腕”といえば、郷原洋行さん。“闘将”加賀武見さん。ウチのオヤジ(武邦彦)は、“ターフの魔術師”と言われていました。

 で、僕はというと――。こっそりウィキペディアをのぞいて見ると(笑)、“平成の盾男”と書いてありました。春の天皇賞は、1989年から92年までの4連覇を含む6勝。秋の天皇賞で5勝。通算49戦して、1着11回、2着7回。勝率22.4%。連対率36.7%。

 なるほど、マスコミは、こういうところからニックネームを引き出してくるのかと関心させられます。“ターフの魔術師”に比べると、少しカッコよさに欠ける気もしますが(苦笑)。でも、この天皇賞をはるかにしのぐ高い成績を残しているのが、今週末、3月6日に東京競馬場で行われるメインレースGII「弥生賞」です。16回走って、7勝、2着5回。勝率43.8%。連対率75%。優勝馬の名前を挙げると、そこには競馬が好きな人にはたまらない馬が並んでいます。

 最初のパートナーはダンスインザダーク(96年)。そこから、ランニングゲイル(97年)、スペシャルウィーク(98年)、ディープインパクト(05年)、アドマイヤムーン(06年)、アドマイヤオーラ(07年)と続き、最後がヴィクトワールピサ(10年)。“平成の弥生賞男”と呼ばれないのが不思議なほど、強い馬に乗せていただき、多くの勝ち星を挙げてきました。

次ページ >> 【武豊】実は“平成の弥生賞男”なんです

【武豊】実は“平成の弥生賞男”なんです

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.