日刊大衆TOP 芸能

有働アナの長い春はいつ終わる? 出水アナ、他「独身女子アナ」恋愛事情

[ヴィーナス03月04日号]

有働アナの長い春はいつ終わる? 出水アナ、他「独身女子アナ」恋愛事情

 ここ最近の女子アナ結婚ラッシュに続けるか? アラサー&アラフォー独身女子アナたちの恋愛事情をご報告。

 朝の情報番組ディレクターとの“近距離恋愛”を楽しんでいたというTBSの吉田明世アナ(27)。「すでに破局していて、その反動から寝酒にハマっているようです。今では、“毎晩必ず500缶を2本飲む”と明かしていて、もはや女を捨ててオヤジ化しています」(制作会社スタッフ)いやはや、このままでは結婚は遠のくばかりだ。

 一方、奔放なのが先輩の出水麻衣アナ(31)である。「2010年に熱烈路上口づけシーンを撮られ、さらに昨夏にも別の男性との、所構わずの連発路上口づけを撮られました。これにアナウンス部長が、“もう出水にはニュース原稿は読ませない!”と大激怒。局アナとしての道が絶たれてしまっては、彼女に残された選択肢は寿退社しかないのでは?」(TBS関係者)というが、発覚後にはラジオで「その後も相手とはうまくいっている」と異例の交際宣言をしただけに、開き直り婚の可能性は大だ。

 対照的に、4月から『報道ステーション』(テレビ朝日系)でのサブキャスター抜擢が囁かれるなど、着実に出世街道を歩む竹内由恵アナ(30)は、熱愛報道はあるものの、決定打に欠けるものばかり。「かつて広告代理店関係者とのデートなどを撮られましたが、特定の相手はいなさそう。というのも彼女、とにかくモテるんです。『ミュージックステーション』の司会時代なんて、美人すぎてアーティストからのナンパがひっきりなし。彼女もすぐ連絡先を渡してしまうことから、社内では“竹内モテすぎ事案”として大問題に発展、それが理由で降板させられたくらいですから」(テレ朝関係者)そんな彼女が、よりどりみどりの中から誰かを選ぶ日は来るのか!?

 昨年、好きな女子アナランキングに初選出されたNHKの桑子真帆アナ(28)は今年に入り、フジの谷岡慎一アナとの交際が発覚するなど、おめでたづくしだ。「彼氏の谷岡アナは、フジとしては絶滅危惧種並みの真面目一徹男。学生時代から白のポロシャツしか着ないような真面目系。彼は2年前に歯科衛生士の彼女と結婚直前にまでいっていたそうで、それを考えると、桑子アナの寿退社は近いのかも……」(フジ関係者)おじさんのオアシス、危うし!

 では、NHK最後の砦・有働由美子アナ(46)は、どうか?「13年から年下の会社役員と交際中ですが、結婚は厳しそう。相手はバツイチ子持ちで、何より彼の親が大反対しているそうです。彼女自身も知人に“結婚はないかな”と語っているそうです」(NHK関係者)

 有働アナの長い春は、いつ終わりを迎えるのだろうか……。

有働アナの長い春はいつ終わる? 出水アナ、他「独身女子アナ」恋愛事情

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.