日刊大衆TOP 芸能

ウエンツが恵比寿で…ピエール瀧が静岡で…芸能人“目撃”スクープ5連発!

ウエンツが恵比寿で…ピエール瀧が静岡で…芸能人“目撃”スクープ5連発!

 寒波が厳しい某日、買い物をしていて寄った都営地下鉄大江戸線・新宿駅で、「キョロッ!」と周囲を見渡し、落ち着きのない男がいる。なんのことはない、地下鉄の乗り換えで迷子になったジミー大西だ。あの『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)をはじめ、お笑い番組で数々の伝説を作ってきた男が目の前に! 感動に打ち震える本誌記者だが、周りの人たちは全然気がづかない……なんでだーーーーーッ!! というそのとき、「HAHAHA! 笑ッテハイケナイ!!」と、ジミー御大を指差して爆笑する欧米人男性。年末の『絶対に笑ってはいけない名探偵24時!』(日本テレビ系)を見てたのネ! 都会のラビリンスに目を白黒させ、“笑いの神様”は電車でどこかへ消えました。

 お次は恵比寿。一人で道を歩くウエンツ瑛士を目撃! Gパン、ジャケット、ブーツ、帽子と、特に変装もせずいた折、大学生らしき男性2人に、「一緒に写真を撮って!」とオネダリされ、「あー、いいですよ~」と応えていたが、なんかヘコヘコ腰が低すぎて怖い……もしや、好感度とか気にしてるんすか? と訝しく思えるほどの低姿勢!

 某日、浅草の浅草寺でキャッチしたのは、マギー司郎御大。スーツじゃないからか全然、周りも気づいてない。しかし、コショコショ声が聞こえる……と思って見ると、ジミーちゃんのときと同じように、またも欧米人の男性が笑って指差している!

 続いて、ちょっと前だが、年末の「KEIRINグランプリ」のため、京王閣競輪場を訪れたときのこと。颯爽と眼前を横切ったのは、赤いマフラー姿の「日本を元気にする会」のアントニオ猪木参院議員! トークショーに出演するという。「政治家としてもご活躍で」という司会のフリに、「政治家ではありません。お世辞家です。みんなを褒めまくっています!」というギャグを放つも不発で、会場は失笑。うやむやな進行の中、最後、「元気を売り物にするのは大変ですよ。元気がないときも“元気ですかー”って言わなきゃいけないんで」という自虐ネタが客にウケていた。良かった!

 競輪よろしく、また別の日、静岡へ「スーパーママチャリグランプリ」というイベントを見に行ったときに、アレ、めちゃくちゃデカい男がママチャリを一心不乱にこいでいる……と見たら、電気グルーヴのピエール瀧! 異様にデカい! って、“目撃談”なんていって遊んでばかりいないか、って!? あ、バレちゃいました……!?

ウエンツが恵比寿で…ピエール瀧が静岡で…芸能人“目撃”スクープ5連発!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.