日刊大衆TOP コラム

[プチ鹿島]良いアイドル本は“良いプロレス本”でもある

『中年がアイドルオタクでなぜ悪い!』(小島和宏・ワニブックス)という本を読んだ。

 この本に興味を持ったのは、著者の小島氏が『週刊プロレス』の元記者であるということだ。それも90年代に売れに売れた「あの頃の週プロ記者」である。2008年に出版された『ぼくの週プロ青春記』(白夜書房)も名著だった。

 その人が、現在「ももいろクローバーZ」について書く第一人者であるらしいことは知っていた。この際ちゃんと読んでみようと思った理由だ。もうひとつは、『中年がアイドルオタクでなぜ悪い!』というタイトルでもわかるように、この本はどうやら「コンプレックスの解放」「誤解する世間へのプレゼン」「美しき開き直り」の匂いがプンプンするのである。

 これはまさに、かつてのプロレスファンの戦いとまったく同じではないか。たぶん本書はアイドル本であると同時にプロレス本なのだ。モノの見方を問うているに違いない。

 するとさっそく……、おっさんならではのアイドル好きの特権と主張する、《うしろめたさはドキドキを加速させ、恥じらいはワクワクを拡大させる(=究極の大人の嗜み」)》という一文があった。私が昭和プロレスに対する世間の目に思い悩んだあげく、到達した論理をさっそく思い出した。

 世間が知ろうとしない現場のことを述べるのは、世間への重要なプレゼンである。

《1曲しか披露できない歌番組ではなかなか伝わらないのは歯がゆいが、1時間、2時間とライブを繰り広げていく中で、彼女たちが流す汗や、それだけ長い時間、お客さんを飽きさせないだけのパフォーマンス力を知ってもらえば「アイドルは子供向けのコンテンツ」だとバカにすることなんてできないはずだ。》

 テレビ番組で時折取り上げられる「オタ芸」については、実際のアイドル現場ではもはやほとんど見ることはできないと書いたうえで、

《テレビ的には絵面が面白いのと「どうですか、やっぱりアイドルオタクってキモイでしょ?」というメッセージを無言のうちに視聴者に伝えやすいこともあって、いまだに取り上げられるのだろうが、もはや、ああいう行動はアイドルの現場にはそぐわないものになっているんだ、ということをまずご理解いただきたい。》

《無秩序に荒れまくるアイドルオタクの図、というのは、メディアによる「記号化」しかないのだ。》

 現場を見ない人の偏見・決めつけとの戦いは永遠のテーマである。アイドルも、かつてのプロレスも、他のすべてのジャンルも。

 これらのほか、『アイドル現場は大人の社交場』『先人から学ぶ中年アイドルオタクの「ダンディズム」』『アイドルオタク=ロリコン、ではない!』などなど、小島氏、熱く戦っている。

 やっぱり、良いプロレス本を読んだ思いです。

プチ鹿島
PROFILE
1970年5月23日生まれ。お笑い芸人。オフィス北野所属。時事ネタを得意とする芸風で、新聞、雑誌などにコラムを多数寄稿。ラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)、「荒川強啓のデイキャッチ」(TBSラジオ)、「キックス」(YBS山梨放送)ほか、TVや映画など多方面で活躍中。



「教養としてのプロレス」(プチ鹿島/双葉社)2014年8月7日発売 新書判304ページ





 今もっとも注目すべき文系芸人・プチ鹿島氏による初の新書が双葉社より発売! 「どの週刊誌よりも売れていた」という90年代黄金期の週刊プロレスや、伝説の編集者・井上義啓氏の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。 「半信半疑力を鍛える」「グレーゾーンを許容する」「差別に自覚的になる」等々、著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための“教養”を、余すところなく披瀝。すべての自己啓発本やビジネス書は、本書を前に、マットに沈むこと必死!

プチ鹿島氏のコラムが読める雑誌「EX大衆」は毎月15日発売!


ブログ:http://orenobaka.com/
ツイッター:@pkashima

[プチ鹿島]良いアイドル本は“良いプロレス本”でもある

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.