日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】大恩ある調教師の先生3人が引退

[週刊大衆03月21日号]

 人生、出会いがあれば別れもあります。思い出が多ければ多いほど、胸に迫ってくるものがありますが、それをぐっと押し込んで、笑顔でお別れを言いたい――。今年、定年のため引退される橋口弘次郎先生、松田博資先生、武田博先生との別れが待っている2月の最終週、29日はそんな気持ちで競馬場に向かいました。

 大調教師、武田文吾先生を父に持つ武田博先生は、騎手時代、“ナタの切れ味”と称されたシンザンや、レース中、予後不良となるほどの重傷を負いながら、コース上に横たわる騎手の元へ一歩一歩近付いていき、その安否を気遣うように鼻先をすり寄せたというキーストンにも騎乗した経験をお持ちです。僕もメイショウナルトとのコンビで、13年の「小倉記念」を勝たせていただきました。

 松田博資先生にいただいたご恩は、言葉では言い尽くせないほどです。「桜花賞」「オークス」の二冠に輝いたベガ。父ブライアンズタイムの血を受け継いだ砂の王者、タイムパラドックス。「ドバイDF」を制したアドマイヤムーン……たくさんの名馬に乗せていただきました。

 JRA通算991勝。地方13勝。海外2勝の併せて1006勝を挙げた名伯楽、橋口弘次郎先生とは、歓喜の瞬間も、悔しさで眠れなかった夜も、ともに経験させていただきました。06年の「ゴドルフィンマイル」を勝ったユートピア。10年の「ジャパンカップ」を制したローズキングダム……先生の期待に応えられたことが、騎手としての成長につながりました。

次ページ >> 【武豊】大恩ある調教師の先生3人が引退

【武豊】大恩ある調教師の先生3人が引退

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.