日刊大衆TOP 芸能

豊ノ島「じゃない方の力士」扱いに苦笑い

豊ノ島「じゃない方の力士」扱いに苦笑い

 3月6日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に関脇の豊ノ島(32)が出演。宮迫博之(45)、東野幸治(48)らにイジられまくる場面が見られた。

 番組の冒頭、豊ノ島が登場するといきなり「おかしいですね。今回大関を呼んだはずなんですけどね」とイジり始めた宮迫。東野が「琴奨菊(32)さんのことですか?」と質問すると「そうです。『じゃない方の力士』が来てしまった」と、あんまりな扱いを始める。しかし豊ノ島も琴奨菊のブレイクで自分の名が知られるようになったことは承知のようで、宮迫に「優勝した琴奨菊関の親友だからバンバン番組に出てる」と指摘されると、「おかげさんでけっこう」と、あっさり認めていた。また、豊ノ島は琴奨菊が優勝した場所で土をつけたことに触れ、「勝った時はだいぶ空気が読めない感じになっちゃって」と、周囲の反応が微妙になり「ファンからも『なんで勝ったの?』と言われた」と、自虐的に明かしていた。

「琴奨菊に乗っかる形でブレイクした豊ノ島ですが、なにしろしゃべりの機転が利くので、バラエティ番組でもかなりウケていますね。もちろん本業は相撲ですが、ボケの琴奨菊にツッコミの豊ノ島と役割分担もできていますし、今後もセットのバラエティ出演は多くなるんじゃないですか」(番組制作会社スタッフ)――引退後はコンビでタレントに、なんて可能性もあるかも!?

豊ノ島「じゃない方の力士」扱いに苦笑い

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.