日刊大衆TOP トレンド

白タク、運び屋…「裏家業ドライバー」違法アルバイト実態

[ヴィーナス03月04日号]

白タク、運び屋…「裏家業ドライバー」違法アルバイト実態

 日本の経済が大きく潤うはずだったアベノミクス。しかし、その恩恵は庶民まで到底たどり着かず、そのデメリット面である値上げばかりが財布を直撃。そればかりか、消費税8%が重くのしかかり、それが来年には、さらに10%にまで増税される予定だ。

 まさにアベノミクス不況と呼べるこの事態に、わずかでも収入を増やそうと、アルバイトを考える人も多いだろう。東京・新宿区在住の中山氏(38・仮名=以下同)も、その一人だ。「もうすぐ初めての子どもが生まれるんですが、2年前からボーナスは出ないし、給料も10%カットされるようになり、このままでは生活がままならなくなった。それで、昨年から会社に内緒で始めたのが、通称“デリドラ”と呼ばれる夜のお店の送り迎えなんです」

 中山氏の場合、新宿区にある夜のお店の女の子を、待機所とホテルの移動の際に車に乗せていく他、自宅までの送迎も行う。主に働く時間は、午後9時から翌朝5時までで、時給は1000円。同じ時間帯の都心のコンビニでバイトするよりも安いが、「ウチの系列の場合、バイト代が手渡しなうえに明細を発行しないので、会社に副業がバレずに済むんです。正規のバイトだと、税金なんかに反映されてバレちゃうじゃないですか。特に今年からマイナンバーが導入されたことで、より副業が分かりやすくなりますから、多少時給は安かったとしても、こっちのほうがありがたいんです」(前同)

 実は、こうした例は中山氏に限った話ではない。持っている資格は自動車免許だけだからと、ドライバーアルバイトに勤しむ人が増加。しかも、会社にバレないように、お金が少しでも多く稼げるようにと、裏稼業、もしくは、それスレスレを狙った副業に就く人が少なくないのだ。

次ページ >> 白タク、運び屋…「裏家業ドライバー」違法アルバイト実態

白タク、運び屋…「裏家業ドライバー」違法アルバイト実態

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.