日刊大衆TOP 社会

オール野党「安倍降ろしの野望」も不安要素だらけ!

[週刊大衆03月21日号]

オール野党「安倍降ろしの野望」も不安要素だらけ!

 衆参同日の噂もある今夏の参院選。安倍一強の牙城を崩すべく野党5党が結集。しかし、その内情は……?

「自民党に天罰を、公明党に仏罰を!」 登壇した有識者からは、こんな掛け声も飛び出した2月20日の社民党大会。しかし、最大のサプライズは共産党の志位和夫委員長が初出席したことだった。民主、共産、社民、維新、生活の野党5党の党首、幹事長クラスが勢揃いし、夏の参院選での共闘を訴えた。「共産党幹部が社民党大会に参加するのは、旧社会党時代を含めて初めてです。幕末の歴史になぞらえると、過去の恩讐を越え、討幕のために雄藩が大同団結したようなもの。まさに、歴史的な瞬間となりました」(社民党関係者)

 その前日には、国会内で野党5党の党首会談が開かれ、共産党の志位委員長が参院選1人区の候補者調整をめぐり、「思い切った対応をしたい」と発言している。事実上、野党共闘のために共産党が「1人区の出馬を辞退してもいい」と言ったのも同然だ。「この志位発言には、他党の党首が驚きの表情を浮かべました。これで一気に、民主と維新との合併に弾みがついたんです」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

 こうして民主党と維新の党は3月中に合流する方針を固め、1日には両党の代表らが初会合を開いた。これまで“一強”といわれ続けてきた安倍晋三首相に、牙を剥く“オール野党連合”。安倍政権にとって最大のピンチか!? こうした情勢を受け、政局好きの一部マスコミからは早くも、「4月の衆院解散・総選挙」という話まで飛び出している。

「日銀が導入したマイナス金利政策も功を奏さず、今後、さらに中国経済が悪化する事態となれば、アベノミクスは万策尽きる。そこに、オール野党が実現すると、万が一という事態もありえる。野党の足並みがそろわないうちに、解散しようという思惑でしょう」(民放の政治部デスク)

 ただ、前出の鈴木氏によると、「自民党内では、(野党連合)恐るるに足らずという声が圧倒的ですね。4月解散説にしても、菅義偉官房長官や党の選対が、党内引き締めのために(情報を)流しているといわれます」 実際には“雄藩連合”どころか、この野党の大同団結は、中身がない野合にすぎないとして、“オカラ連合”と揶揄(やゆ)されているとか。「実際、表面的には反安倍政権で結束しているかに見えて、その実は一枚岩ではない。現在も民主・維新の合体後の党名が焦点になっていますが、岡田克也代表自身、党名変更に消極的。その背景には支持団体の連合の意向があるようで、結局、“民主”の二文字は残るようです」(全国紙記者)

次ページ >> オール野党「安倍降ろしの野望」も不安要素だらけ!

オール野党「安倍降ろしの野望」も不安要素だらけ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.