日刊大衆TOP 芸能

芸能美女「酔いどれ現場」ナマ中継 vol.5

[増刊大衆12月29日号]

一升酒を飲んでもヘッチャラという永作博美(43)は掛け値なしの酒豪だ。
「彼女は、どれだけ飲んでも絶対にツブれないんです。独身時代、永作に酒を飲ませて口説こうとした男が、いったい、どれほど【返り討ち】にあったことか。しかも、彼女はほろ酔い加減になると、一緒に飲んでる男に向かって"私のおっぱい、見たい? 白いから静脈が透けて見えるんだよ"と、さりげなくドキッとするようなことを言うそうなんです」(芸能記者)

まさか「おっぱい、見たいですぅ~。見せてくださ~い」ともいえず、男は黙って鼻血ブー、はたまた、アソコがピンコ勃ちになるくらいが関の山。まさに、ヘビの生殺し状態だ。

おまけに、彼女は調理師の免許も持っているので、酒の肴を作るのは名人級。
「彼女の手料理食べたさに人が集まるので、ホームパーティーはいつも大盛況だそうです」(女性誌記者)

09年に映像作家の内藤まろ氏と結婚。
いまは夫婦で晩酌を楽しむ程度という永作だが、酒量そのものは落ちていないという。

観月ありさ(36)は酒が強いだけでなく、酒グセの悪いことでも知られている。
「飲んでも酔わないんですが、いったん酔い出すと、乱れるタイプですね。バーで酔っ払った彼女がグラスを片っ端から床に叩きつけて割ったことがあるそうですが、連れの男たちは"また始まったよ"と言わんばかりに平然としていたとか」(夕刊紙記者)

飲んで朝帰りした彼女が連れの男の股間に蹴りを入れている姿を、フライデーされたこともあった。
「酔うとエロトークも全開になるようで"女としては絶対、前で……"と正常位が好きなことを、酒席でぶっちゃけたこともありましたね」(前同)

エロに一直線な姿は『斉藤さん』キャラのまんま!?

昨年4月に、堺雅人と電撃入籍した菅野美穂(36)。
結婚後、堺主演の『半沢直樹』が大ヒット。あげまん女房の誉れ高い彼女だが、「酒は大好きですが、強くはないですね。以前、トーク番組に出演したときにワインをガブ飲みして酔っ払い、クダを巻いたこともあった。笑い出すと止まらなくなる笑い上戸でもあります」(芸能記者)

お気に入りのワインは箱買いするという菅野。
堺とエッチする前も、ワインは欠かさないんだろうか?

01月25日公開のvol.06続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.