日刊大衆TOP 芸能

マツコ「人はなにかしたいもの」有吉弘行と、仕事論で激突!

マツコ「人はなにかしたいもの」有吉弘行と、仕事論で激突!

 3月9日放送の『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックス(43)と有吉弘行(41)が、仕事に関して互いの持論をぶつけた。

 この日の視聴者からのメールは「与えられた仕事が事務所にいて電話番だけ。転職したほうがいいのか?」というもの。給料はもらえているが暇でしょうがないというこの状況に、有吉が「俺は絶対、暇な方がいいな」と全面賛同すると、マツコは「えー!?」と異議を唱えた。マツコは自分も暇だった時期はあったが目標があったから耐えられたとし、「絶対なにかしたいのよ人間は!」と、人はお金をもらえても本当の暇には耐えられないと強く力説した。これに対し有吉は、それでも働かないほうが好きと主張。「会社とかで窓際の人をいいなって思っちゃうタイプなんだよ」「お金が入ってくるなら、別にゴロゴロしていたい」と、マツコの考えとは反対のタイプであると語っていた。

「期せずして2人の仕事に対するスタンスがはっきりしましたね。マツコは自分から取りにいくタイプ。有吉は取りにはいかないものの、来たものはすべて受けるタイプです。この2人のコンビが上手くいっているのも、そうした性格の違いがあるからかもしれませんね」(構成作家)――暇がいいとは、売れっ子の贅沢な悩みかも知れないが……。

マツコ「人はなにかしたいもの」有吉弘行と、仕事論で激突!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.