日刊大衆TOP 芸能

石田ゆり子越えなるか? 新作不倫ドラマで注目の女優たち

石田ゆり子越えなるか? 新作不倫ドラマで注目の女優たち

 林真理子(61)の不倫小説『不機嫌な果実』が4月期のテレビ朝日金曜ナイトドラマ枠(毎週金曜/午後11時15分~)で約20年ぶりに映像化される。同作は林真理子により1996年に出版された小説で、一大センセーションを巻き起こした話題作。翌97年にはTBS系でドラマ化され、主役の石田ゆり子(46)が岡本健一(46)を愛人役に大胆なベッドシーンを熱演し、いまや伝説とまでになっている。2016年版は栗山千明(31)と市原隼人(29)がドロドロ不倫劇を繰り広げることになるのだが、2014年に大胆な写真集を発売した「実績」のある栗山だけに、今回も石田同様、カラダを張ってくれるのではと期待を集めている。

 ベッキー(32)に始まり狩野英孝(34)、ゲス議員にそして桂文枝(72)と、下世話なニュース続きの2016年、偶然にも(!?)春のドラマは不倫・二股といった作品が揃っている。他のドラマはどんなものなのか紹介しよう。

 97年の『不機嫌~』と同じくTBSで放映される『毒島ゆり子のせきらら日記』(毎週水曜/深夜0時10分~)は前田敦子(24)をヒロインに「夜の昼ドラ」を目指すという。前田が演じるゆり子は、政治家の番記者として懸命に働くいっぽう、プライベートでは超恋愛体質。二股・不倫も厭わず、2人の恋人と毎回濃厚なシーンを披露するとの触れ込みだ。本命の彼氏にロックバンド「黒猫チェルシー」のボーカル・渡辺大知(25)、不倫相手となる新聞記者役に『ど根性ガエル』(日本テレビ系)でゴリライモ役だった新井浩文(37)。そのほか、吉本新喜劇の滑舌悪い芸人・諸見里大介(33)や、フォークシンガーの友川カズキ(66)など、個性的なキャストにも注目したい。

 フジテレビ火曜午後10時からは大人の男女の心理サスペンス『僕のヤバイ妻』が始まる。不倫相手の相武紗季(30)と妻・木村佳乃(39)の殺害を企てる夫・幸平を演じるのは伊藤英明(40)。脇はキムラ緑子(54)、眞島秀和(39)といった実力派で固めている。『ストロベリーナイト』や『ようこそ、わが家へ』等を手がけた黒岩勉が脚本を担当し、見応えのあるストーリーになることは間違いナシ。裏に控える黒木華(25)主演のドラマ『重版出来!』(TBS系/毎週火曜/午後10時~)を盤石な安定感で迎え撃つようだ。

 いっぽう有料動画配信サービス・dTVではR15のドラマ『裏切りの街』で泥沼の不倫愛を描いている。出演は若手きっての演技派・池松壮亮(25)と映画『キャタピラー』でベルリン国際映画賞・銀熊賞(女優賞)を受賞した寺島しのぶ(43)。一糸まとわぬ姿でお互いを激しく求め合うシーンは必見との評判だ。こちらはdTVにて全6話一挙配信中。

 1983年の『金曜日の妻たちへ』(TBS系)を始め、1997年の『青い鳥』(TBS系)に2014年の『昼顔』(フジテレビ系)と、時代を越えても視聴率を獲得しやすく、実は普遍的テーマである不倫モノ。リアル不倫は叩いても、ドラマの不倫には憧れちゃうのが人の常ってヤツなのかもしれない。

石田ゆり子越えなるか? 新作不倫ドラマで注目の女優たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.