日刊大衆TOP 社会

妖怪・輿石幹事長が画策する民主党延命の「ウルトラ奇策」

「何を考えてるのか、まるでわからない。具体的な話は、聞いても答えないし。行き当たりばったりの頑固者か、それとも深謀遠慮で秘策を練ってるのか。でも、野田さんとは連絡を密にしてるから、首相の意向を受けて動いているのは間違いないですが」

民主党幹事長室詰めの幹部議員ですら、輿石東幹事長について、こう嘆息する。

批判などどこ吹く風。いつもケムに巻かれる野党の自公も「何を狙っているのか。輿石のアタマをCTスキャンにかけたい」(自民党議員)と怒り心頭だ。

その輿石氏、実は小沢一郎氏を巻き込んでの"民主党の解体再編"を目論んでいるらしい。

今月14日、NHKの番組に出た輿石氏は、小沢新党「国民の生活が第一」との連携を示唆して、こう発言した。
「消費税増税では一致できなかったが、そのほかの面では同志だった。そういう(協力の)道はあろうかと思っている」

番記者たちはビックリして番組後に質問したが、ダンマリで真相は不明。が、この発言には伏線があった。
「今月10日に、輿石さんは鳩山由紀夫・元総理と会合を持っています。この席で輿石氏は、"小沢新党との関係修復に取り組みたい"、そのために"党員資格停止が解除されたら、民主党の最高顧問になってほしい"と要請したとか」(事情通)

さらに、そのための作戦まで打ち明けたそう。
「まず、党内の反小沢強硬派の前原誠司・仙谷由人グループを排除する。野田首相には消費税増税を、経済状況が好転するまで凍結すると明言させる。小沢さんは増税絶対反対ではなく、タイミングの問題としていたから、これで小沢さんとの障害は除かれる、という理屈です」(前同)

小沢氏は選挙に向け中小政党との連携を模索中。支持率急落の橋下「日本維新の会」も、いずれ小沢氏と手を組むという情報もある。

輿石構想は、民主党内の反小沢グループを排除して反自公の諸政党を糾合していくという究極の大連立。

さすが、大幹事長の輿石さん。だけど、このウルトラC、"着地"は決まるの!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.