日刊大衆TOP 芸能

宮﨑あおい&岡田准一「電撃婚」阻む“ゲス不倫”

[週刊大衆03月28日号]

宮﨑あおい&岡田准一「電撃婚」阻む“ゲス不倫”

 4月2日に最終回。まもなくラストを迎える、NHK連続テレビ小説『あさが来た』。視聴率絶好調の同ドラマの出演陣の中でもひときわ、妖艶な色香を放っているのは、ヒロイン・あさ(波瑠)の姉を演じる宮﨑あおい(30)だ。「4歳で子役デビューし、10代半ばにして『害虫』(2001年)で銀幕の世界に躍り出て、各映画賞を多数受賞。05年に主演した『NANA-ナナ-』で大ブレイクを果たし、NHK連続テレビ小説『純情きらり』(06年)のヒロイン、NHK大河ドラマ『篤姫』(08年)主演と、文字通り、“大女優への出世街道”を歩んでいました」(映画ライター)

 ところが、である。「9年前の07年6月、俳優の高岡蒼佑と結婚しましたが、11年末に離婚。26歳にしてバツイチとなりました。ここ数年は、仕事もパッとせず、プライベートの動向ばかりが注目されがちでしたね。しかしながら、今回のドラマでは重要な役どころを演じ、色っぽい和装も映えている。NHKらしい“品のある色香”を漂わせ、視聴者からも好評です」(制作会社スタッフ)

 だが、そんな宮﨑に、またしても私生活の問題が浮上しているという。「交際中のV6の岡田准一(35)と彼女が、ついにゴールインするというんです」と言うのは、芸能プロ幹部だ。続けて、「やっと両事務所からのお許しが出たようで、人前にもツーショットで姿を見せるようになりました。聞けば、今年の年初に、朝ドラの仕事で東京~大阪を頻繁に行き来する宮﨑に、岡田が合流して、大阪府枚方市内の彼の実家に、結婚の挨拶に行く、なんて話もあったようです」

 いよいよビッグカップル誕生か!? 芸能記者が二人の関係を振り返る。「11年末、宮﨑がまだ高岡との離婚が成立せずにいた折、囁かれていたのが、岡田の存在。離婚のきっかけになったのは、宮﨑が岡田と“不倫温泉旅行に行ったこと”とも報じられていました」 当時、二人に対して、世間からはバッシングの嵐。耐え忍んで4年余りの間、愛を育んできたのだろう。「昨年夏にはトイプードルを連れて、二人でデートする姿も写真に撮られています。今もアツアツですよ」(前同)

 とはいえ、このカップルは、“不倫温泉旅行”の疑惑報道があっただけに、イメージが良くないのは事実。「この年明けに、岡田の実家に挨拶に行く直前になって、ベッキーと『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音の不倫報道が噴出。そこで、“挨拶を取りやめよう。結婚は延期”となったそうなんです。このタイミングで二人が結婚すれば、ベッキー&川谷になぞらえられ、不倫のイメージが想起されるのは不可避ですからね」(前出の芸能プロ幹部) なんと、こんなところに思わぬ“ベッキーの呪い”が……。ちなみに、宮﨑とベッキーは、深夜ドラマでの共演がきっかけで、10年来の友人関係にあるという。数奇な運命にも翻弄されず、幸せな結婚生活を送ってもらいたいものだ。

宮﨑あおい&岡田准一「電撃婚」阻む“ゲス不倫”

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.