日刊大衆TOP 社会

週刊朝日に「完勝」から一転橋下徹が陥った最大のピンチ

[週刊大衆11月12日号]

橋下徹・日本維新の会代表VS『週刊朝日』の対決は、橋下氏の完勝となった。
「週刊朝日が即刻完敗を認めたのは、記事中で橋下氏の父親を詳述する部分で、被差別部落の地名を書いてしまったから」という朝日関係者は、こう続ける。
「編集部では著者・佐野眞一さんの過激な橋下批判は論評の範囲だと強気でしたが、顧問弁護士から"地名を明記したことが裁判になれば、確実に負ける"といわれたそうです。さらに、親会社の朝日新聞は"なぜこっちにまで火の粉が飛んでくるんだ"とカンカン。そこで編集部は連載の中止を含めてお詫びを出し、早期収拾に入ったんです」

まさに完勝。だが、永田町では、「橋下さんは、この一件で大きな痛手を負った」との声が出ている。その理由は、「橋下番の記者たちが、橋下さんの徹底追及ぶりに、すっかり嫌気が差したから」(全国紙政治部記者)だという。
「今回は橋下さんの喧嘩の仕方もずいぶん、乱暴でした。当初、"週刊朝日の親会社の朝日新聞と、関係会社の朝日放送(ABC)の取材は受けない"といいましたが、週刊朝日の朝日新聞出版とABCは資本関係がないですからね」(前同)

さらに、週刊朝日の謝罪文を見て、橋下氏は再び激昂、「謝り方を知らない」「週刊朝日は鬼畜集団」と過激発言で追及を始めた。
「鬼畜集団というのは、"週刊朝日は掲載雑誌を母親の自宅に送り付けたから"といっていましたが、実際は橋下氏の妹が買って母親の部屋に置いていったものでした。これは本人が訂正しましたが、橋下さんのカリカリぶりに、記者たちはウンザリしてます」(同)

これまでの橋下会見は、質問で食い下がる朝日の記者には徹底的に議論を吹っ掛け、やり込めるまで終わらない。会見が2時間半に及ぶこともあった。それが今回は取材拒否だ。
「週刊朝日の書き方には、明らかに問題があった。でも、謝るまで認めず、謝り方が悪いと"落ち武者狩り"のような攻撃。記者たちも冷めますよ」(橋下番記者)

メディアに騒がれ全国区になった橋下さんだが、記者がソッポでは、維新の会同様、輝きを失いかねない。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.