日刊大衆TOP コラム

氷ばかりなのに、なぜ「グリーンランド」なの?

[週刊大衆03月28日号]

氷ばかりなのに、なぜ「グリーンランド」なの?

 世界一大きな海は太平洋。世界一大きな湖はカスピ海。世界一大きな国はロシア。そして世界一大きな島はグリーンランド。面積は日本の6倍近くあります。グリーンランドはほとんどが北極圏にあり、全島の80%は氷と万年雪に覆われています。人が住んでいるのは比較的温暖な沿岸部のみで、島の人口密度は1平方キロあたり0.14人と世界一低くなっています。

 氷と雪の島なのに、なぜグリーンランドと呼ばれるのでしょうか。一説によると、名付け親はバイキングだそうです。10世紀頃、国を追われたバイキングが、この島を見つけて上陸。開発に必要な入植者を集めるためのイメージ戦略として、「緑の島」と名付けたといわれています。グリーンランドほどのスケールはありませんが、日本の本州も島としては大きいほうで、島の大きさランキングでベスト10に入っています。本州は世界で何番目に大きい島?

(1)5番目
(2)7番目
(3)9番目

答えはココを押す! 答え:(2)

出題:浜川卓也

氷ばかりなのに、なぜ「グリーンランド」なの?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.