日刊大衆TOP コラム

「ハワイ」はかつて食べ物の名前で呼ばれていた!?

[週刊大衆03月28日号]

「ハワイ」はかつて食べ物の名前で呼ばれていた!?

 世界の中で大陸から最も遠く離れ、物理的に孤立している島。それがハワイです。現在、ハワイはアメリカの領土ですが、もしかしたら日本の一部になっていたかもしれないと思わせる歴史のエピソードがあります。明治時代のこと、アメリカの侵略で存亡の危機にあったハワイ王国の王が来日。日本に次のような提案をしています。「このままだとハワイはアメリカに強奪される。それを防ぐため、日本を盟主とするアジアとハワイの連邦政府を作り、欧米に対抗したい。その第一段階として、ハワイの王女と皇族を結婚させたいのだが……」 結局、日本はこの提案を断り、ハワイはアメリカに併合されたわけですが、日本が同意したらどうなっていたのか、ちょっと気になります。

 ところで、ハワイがハワイと呼ばれるようになったのは、カメハメハ大王が王国を建国した1810年以降です。それ以前は、この島を発見したキャプテンクックが命名した名前で呼ばれることが一般的だったそうです。その名前とは?

(1)ハンバーガー諸島
(2)クッキー諸島
(3)サンドイッチ諸島

答えはココを押す! 答え:(3)当時の英海軍総司令官サンドイッチの名前から命名。

出題:浜川卓也

「ハワイ」はかつて食べ物の名前で呼ばれていた!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.