日刊大衆TOP 芸能

宮崎元議員だけじゃない「不倫騒動」を起こした議員たち

宮崎元議員だけじゃない「不倫騒動」を起こした議員たち

 妻の出産を控えた2015年12月、当時、議員在職中だった宮崎謙介衆議院元議員(35)は、国会議員として初めて育児休暇を取得することを宣言。議論を巻き起こし、イクメン政治家として話題になっていたが、妻が出産入院中だった1月30日、自宅マンションで女性タレントと密会していたことを、週刊誌にスクープされたことから「不倫騒動」となり、議員辞職してしまった。

 議員のセンセイには、男女関係についてワキが甘い方が少なくないようで、宮崎元議員以外にも過去に「不倫騒動」を起こした議員たちがいる。

 2009年10月に急死した元財務大臣、中川昭一(満56歳没)の未亡人、中川郁子衆議院議員(57)は、2012年の衆院選に夫の後継として、北海道11区から出馬して初当選。2014年9月に農林水産大臣政務官に就任するなど、「清楚な未亡人」のイメージで活躍していたが、2015年3月に妻子持ちの門博文衆議院議員(50)との路上キス写真を週刊誌にスクープされてしまった。中川議員は「酒席の後で軽率な行動だった」「(門議員とは)なんの関係もない」などと弁明と陳謝を繰り返し、「不倫騒動」は収束するかと思われたが、同年7月、再び門議員との密会現場がスクープされてしまった。この件で記者に自宅前で「なんの関係もない男女は路上でキスなどしない」と直撃取材されると、中川議員はなんと、「そうですか? チューしましょうか?」と首に両手をまわして迫り、2人の秘書官の目の前で覆い被さったのだ。どうやらこれは、中川議員なりの大胆な取材撃退法だったらしいのだが、よっぽど「キス」がお好きと見える。後援会や地元支持者の間では、門議員との不倫関係はスクープの2年前からだったと噂され、他の男性との関係も囁かれているそうだ。

 女優の水野真紀(45)の夫である、後藤田正純衆議院議員(46)は、2011年5月に銀座の高級クラブのホステスと六本木のバーでディープキスしている姿を「ハレンチすぎる不倫!」と写真週刊誌にスクープされてしまった。記事によるとキスだけでは終わらず、トイレに一緒に入ると20分間も篭り、未明に赤坂の議員宿舎にお持ち帰りしたといわれる。翌年12月の衆院選では5期目を目指して出馬したが、「不倫騒動」の逆風の中の選挙活動だった。そこで、妻の水野が忙しい女優業のスケジュールの合間を縫って選挙区である徳島入りし、夫とともに大声を出して有権者に訴えるなど、内助の功を発揮して当選を果たした。実はこの夫婦、2009年から別居状態で、離婚秒読みと噂されていたが、現在は後藤田議員が田園調布にある水野の実家に身を寄せて暮らしているそうで、夜遊びと酒は自粛させられ、夫婦でジョギングする姿も見かけられているらしい。

 女子柔道金メダリストの谷亮子参議院議員(40)は、2003年に元プロ野球選手の谷佳知(43)と結婚後、2010年5月の参院選に小沢一郎衆議院議員(73)のバックアップを受け初当選。妻、母、政治家として活躍していた谷議員だったが、2012年に私設秘書との「不倫疑惑」が報じられた。当時、夫は関西の球団に所属していたため、関西での同居を求めていたのだが、谷議員は「東京にいないと議員活動ができない」と拒否していた。そんな別居状態が続いているなか、昨年3月、都内の2億円豪邸に夫ではなく、30代のイケメンが出入りして、子供の幼稚園への送り迎えなどもしているという、二度目の「不倫疑惑」が週刊誌で報じられた。相手は前回の騒ぎの直後に辞めた私設秘書の代わりにスタッフに加わった男性で、ダルビッシュ似の超イケメンなのだそうだ。今のところ路上キスなど、決定的瞬間はスクープされていないので、「不倫疑惑」どまりらしいが、昨年末に引退後、野球評論家として活動する夫は気が気でないだろう。

 その他にも、タレントの山本モナ(40)との「路チュー」写真で騒がれた細野豪志衆議院議員(44)、高級クラブのホステスをお持ち帰りしたといわれる中山泰秀衆議院議員(45)、500通におよぶ不倫メールをスクープされた佐藤ゆかり衆議院議員(54)、同僚議員との不倫路チューが発覚して婚約解消してしまった田中美絵子元衆議院議員(40)、かつて不倫関係にあった元高校教師に2ショット写真などを暴露された姫井ゆみ子元参議院議員(57)など、政治活動以上に、お盛んな議員が多い。「英雄、色を好む」とはいうけれど、やはり不倫は控えるべきだろう。

宮崎元議員だけじゃない「不倫騒動」を起こした議員たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.