日刊大衆TOP 娯楽

「奥の細道」旅立の日【井崎脩五郎 競馬新理論】

[週刊大衆04月04日号]

 今年、高松宮記念が行われる「3月27日」は、競馬風俗研究家の立川末広によると、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出発した日なのだそうだ。

 ほれ、ここにと「史話366」(ブリタニカ編)という本を差し出すので読んでみたら、「奥の細道」の〈旅立〉にある文章が次のように紹介されていた。「弥生も末の七日(すなわち三月の二七日)、明ぼのの空朧々として、月は…」。おお、たしかに芭蕉は3月27日に旅立っているんだなあ。ということは、今年の高松宮記念のキーワードは、ズバリ、松尾芭蕉かも。

 尾関厩舎のサクラゴスペルが出走を表明しているので、これが出てくるようだと、高「松」宮記念に「尾」関厩舎ということで、つなげると「松尾」。このサクラゴスペルが入った枠が激走枠ということは十分考えられる。

 しかし、やっぱり、いちばんシンプルなのは、これかもなあ。前走の阪急杯をタイレコードで勝ったミッキーアイルと、高松宮記念で3、5、2着と掲示板に乗り続けているハクサンムーン。これにオーシャンSを勝ってここに出てくるエイシンブルズアイを加えた、3頭の馬券。

ミッキーアイル 5歳
ハクサンムーン 7歳
エイシンブルズアイ 5歳

 これだと年齢が、俳句とぴったりの「五・七・五」だ。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

「奥の細道」旅立の日【井崎脩五郎 競馬新理論】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.