日刊大衆TOP 社会

女性に嫌われた「安倍政権の末路」参院選大敗の可能性

[週刊大衆04月04日号]

女性に嫌われた「安倍政権の末路」参院選大敗の可能性

 ネットに上げられた一つの声を軽視したことで起こった大炎上。だが、燻り続ける火種はいくつもあり……。

「私も認可保育園に落ちた母親の一人。落ちて間もなく『日本死ね!!』のブログを見て共感しました。だって、そうでしょう。保育士の数が足りない事情はすでに分かっているし、かといって、受かった人を恨むわけにはいかず、どこに怒りをぶつけていいのか……」 こう話すのは、3月5日、国会議事堂前で行われたデモに参加した松下由美さん。彼女は当日、「♯保育園落ちたの私だ」と書かれたプラカードを持った主婦たちとともに、前述のような切実な思いを訴えたという。

 確かに、保育園に子どもを預けたくても預けられない待機児童問題は、深刻な状況。このことで仕事を辞めなければならない母親が後を絶たないのだ。今、この問題に端を発して、女性が安倍政権に抱いていた不満が爆発寸前にまで膨張している――。

 匿名で書かれた『保育園落ちた日本死ね!!』のブログは、2月15日にアップされて以来、SNSを通じて日本中に急速に広まった。5歳の息子を持つ民主党・山尾志桜里議員が、衆院予算委員会でこの問題を取り上げたのは2月29日のこと。しかし、安倍晋三首相が「(ブログは)匿名である以上、本当であるかどうか確かめようがない」と切り捨てると、与党議員らは俄然勢いづき、「誰が書いたんだよ!」「出典は? 出典!」そして、ついには「うざーい」とヤジが飛んだ。これがネットで大炎上。事態が国会前のデモにまで発展し、ヤジを飛ばした一人、自民党の平沢勝栄衆院議員がようやく、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系、3月10日放送)に生出演して釈明。ところが、これがかえって火に油を注ぐ結果となった。

 平沢議員が「これ(ブログ)は本当に女性の方が書いた文書ですかね」と発言するや、コメンテーターの高木美保から「女性とか男性とか関係ないでしょ!」と叱責を食らったのだ。だが、それに動じない平沢議員が「もうちょっと訴え方ってあると思います。言葉が日本語としては汚い」と続けたことで、女性たちの怒りは頂点に達する。「誰が書こうと、落ちた人にしてみれば、“日本死ね!!”と言いたいほど絶望的な気持ちになるということ。安倍政権は、本当に痛みを抱えている人の気持ちが分かっていないんです」(前出の松下さん)

 さらに、平沢議員が番組で火だるまになった翌日の参院本会議で、安倍首相が「保育所」を「保健所」と言い間違え、「いくら待機児童問題に全力を尽くすと口では言っても、これでは信じられない」などと野党から再び批判される始末。かくして、今や女性たちの怒りは、安倍政治そのものへ向けられている。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は、こう言う。「保育園問題での首相の対応は、場合によっては政変のキッカケになりかねません。まずは政権支持率で、毎日新聞が今月5~6日に調査した結果では、安倍政権の支持率がマイナス9ポイントでした。中でも女性はマイナス11ポイントと、明らかに保育園問題が影響しています」

 さらに、かの“ゲス不倫議員”こと、宮崎謙介元議員が育児休暇中に元女性タレントと不倫したスキャンダルも、支持率急落の原因のひとつといわれている。結果的に、宮崎元議員の辞職に伴う補選(京都3区、4月24日投開票)で自民党は候補すら立てられず、“不戦敗”は決定的だ。「見る目がなかったといえば、それまでですが、宮崎元議員が男性議員の育児休暇取得を宣言した際、“これでこそ政治家”と絶賛した安倍首相に、女性たちが厳しい目を向けているのは当然のことでしょうね」(女性誌記者)

次ページ >> 女性に嫌われた「安倍政権の末路」参院選大敗の可能性

女性に嫌われた「安倍政権の末路」参院選大敗の可能性

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.