日刊大衆TOP 芸能

ジャニーズ倒産の危機を救った「伝説の番組」

[ブリュレ]

ジャニーズ倒産の危機を救った「伝説の番組」

 いまでこそ、盤石の一大帝国を築いているジャニーズ事務所だが、1970年代にはドン底の時期もあった。大ブームを作ったフォーリーブスが解散し、新人アイドルの売り出しも失敗。看板アイドルだった郷ひろみは、バーニングプロダクションに移籍し、倒産の危機に直面した。そんなときに出現したのが田原俊彦、野村義男、近藤真彦の「たのきんトリオ」という救世主だった。

 79年、新ドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)の生徒役オーディションがあった。すでにオーディションが終了し合格者も決定したあとに、ジャニー喜多川社長から「とりあえず会ってください」と担当プロデューサーに連絡があった。その時に紹介された10人の子供のうち、3人がたのきんだった。児童劇団出身の子役と異なる天真爛漫さは魅力的に捉えられ、急きょ配役が決まった。そこからジャニーズ伝説の幕が開いた。

 田原、野村、近藤はのちに「悪ガキトリオ」「金八トリオ」などと呼ばれ、人気が爆発する。いつしか『金八』シリーズにジャニーズという既定路線が敷かれたが、人気やキャリアに関係なく、毎回同番組の生徒役は必ずオーディションで選ばれたという。

 その狭き門をくぐり出演のチャンスを手に入れたジャニーズアイドル達は、ひかる一平、元SMAP・森且行、長野博(V6)、風間俊介、亀梨和也(KAT-TUN)、増田貴久(NEWS)、加藤シゲアキ(同)、薮宏太(Hey!Say!JUMP)、八乙女光(同)など。なんとSMAP・中居正広と木村拓哉、TOKIOのメンバーは落選している。

 いまでも語り継がれているハマリ役は、第5シリーズ(99年~2000年)で風間が演じた優等生の仮面をかぶった二面性のある生徒。そして、薬物依存から抜けられない葛藤を文字通りの熱演した八乙女の第7シーズン(04年~05年)だ。八乙女は当時14歳で、事務所に入って4年後に掴んだビッグチャンスだった。

 みな、『金八』でリアルな学校生活を経験し、武田鉄也のことを「先生」と呼んでいたという。熱い学園ドラマの裏には若いジャニーズ達の熱い思いがあった。

ジャニーズ倒産の危機を救った「伝説の番組」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.