日刊大衆TOP 芸能

KAT-TUN「更新不可能な大記録」とは?

[ブリュレ]

KAT-TUN「更新不可能な大記録」とは?

 10周年という節目に田口淳之介が脱退することにより、KAT-TUNもグループとして5月1日より活動休止に入る。16日に放送された『ザ少年倶楽部 プレミアム』(NHK BS)で3代目MCを卒業し、21日に文化放送『KAT-TUNのがつーん』が終了する。

 4人全員が出演する唯一の地上波レギュラーの『KAT-TUNの世界一タメになる旅!』(TBS系)も、25日のオンエアを最後に終了。その現実を日々突きつけられているファンは、かなりナーバスになっているという。

 気になるのはなんといっても残った3人の今後だ。亀梨和也は、スポーツキャスターとして『Going!Sports&News』(日テレ系)にレギュラー出演しつつ、来年5月には三島由紀夫の長編小説を映画化した『美しい星』の公開を控えている。

 中丸雄一は田口からバトンタッチされて、4月から『所さんのニッポンの出番!』(TBS系)にレギュラー出演する予定だ。ソロで出演中の『シューイチ』(日テレ系)も、続投が決定している。上田竜也に新たな動きはないが、舞台俳優としての資質を認められているため、今後活動の幅を広げそうだ。

 ここ数年で、個性が際立ちソロ活動も目を引くようになったNEWSやHey!Say!JUMPにやや水をあけられた感があるKAT-TUNだが、実はすごい記録を持っている。デビュー曲『Real Face』(06年)から、3月2日に発売された最新ナンバーの『UNLOCK』まで、26作連続でシングル売り上げ第1位なのだ。「シングル連続1位獲得作品数」で、35作連続のKinKi Kidsに次いで、ジャニーズ内歴代2位の座をキープしている。

 また今後抜かされることがないであろう記録が東京ドームでの史上最多連続日数公演だ。2009年に「8日間連続」という記録を樹立している。当初決定していた7日連続に応募が殺到したため、急きょ1日を追加。7日連続と追加1公演で計8公演、東京ドーム史上初の快挙だった。さらにすごいのは、CDデビュー前にも東京ドーム公演を開催している点だ。これも当然ながらドームの初記録である。当時のKAT-TUNには、いまの嵐をしのぐ勢いがあった。

 CDデビュー記念日である3月22日にはベストアルバム『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY BEST“10Ks!”』が発売され、25日に放送される『ミュージックステーション 春の3時間スペシャル』(テレ朝系)が、4人揃っての生放送出演のラストとなる。そして、3人体制となった新体制で4月3日よりコンサートツアーを開始。5月1日の東京ドームを最後にグループは活動を休止する。

 記録を作り、伝説を築いた縁ある東京ドームのラストライブ。早くもチケット取りで「落選祭り」と嘆くファンが続出しているが、KAT-TUNは最後の最後まできっと伝説を作り続けるに違いない。

KAT-TUN「更新不可能な大記録」とは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.