日刊大衆TOP 芸能

日ハム 大谷VS阪神 藤浪「球界エースの器」完全比較 vol.2

[週刊大衆9月30日号]

ここまでは完璧に思える藤浪だが、野球解説者の江本孟紀氏は将来に対するこんな不安を指摘する。
「藤浪には、これ以上の進歩はないかな、と。フォーム、変化球とも、いまやっているのが精いっぱいで、伸びしろはないのでは……。9回を投げ切る完投能力もありませんしね」

一方、二刀流の影響もあり、成績上では藤浪に劣るものの、潜在能力の高さから、大谷を"マー君二世"に推す声は大きい。

野球評論家の橋本清氏が言う。
「野手もできるという総合的なポテンシャルの高さから、大谷に"将来への可能性"を感じます。潜在的な力が、まだまだあるような気がする。まだ未完成ですが、ピッチャーに専念したら、どれだけのプラスαがあるのか、期待せずにはいられません」

前出の江本氏も、大谷の潜在能力を高く評価する一人。
ただし、それには、「ピッチャーに専念すれば」という注釈がつく。
「そうすれば、大谷が田中の"跡目"を継ぐでしょう。ローテをキッチリ調整していけば、大谷のほうが可能性を秘めています。足りないのはスタミナだけですよ」

江本氏の言う"スタミナ"とは、先発ピッチャーとして、試合を背負って一人で投げ切る力。
いわば、"エースの器"が、そこに問われるわけだ。
「球数に左右されず、9回を疲れず投げ切れるスタミナがなければ、田中の後継者とはいえません」(前同)

大谷、藤浪ともに、1年目の田中に敵わないのが、このスタミナだ。
「田中が1年目に完投した試合が4試合もあるのに対して、藤浪はまだ1試合も完投していないのは明らかに体力不足。高卒ルーキーとは思えない体力で、当時の野村監督に、"完投は当たり前"と言わしめた田中とは対照的です」(スポーツ紙記者)

大谷の場合、二刀流の弊害がここに出ているとの見方が強い。
「単純に言えば、走り込みに投げ込みと、本来、ピッチャーがやるべき練習に割ける時間が半分しかないわけです。ピッチャーには、試合でしか身につけられない、勝負どころにおける"馬力"のようなものが必要であり、その点では、いまは藤浪がリードしています。ピッチャーに専念すれば、大谷の才能は一気に開花するんですが……」(前出・デスク)

真の"神の子後継者"は大谷か、藤浪か。
若武者2人が歩む"エースへの道"に注目したい。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.