日刊大衆TOP 芸能

カトパン、デビューからゴシップ&恋愛まで「8年間の軌跡」

[週刊大衆04月04日号]

カトパン、デビューからゴシップ&恋愛まで「8年間の軌跡」

「4月1日で『めざましテレビ』を降板し、4月末に正式退社しますから、局アナとしてのカトパンを見られる日は、あとわずか。しっかりと目に焼きつけておきたいですね」(女子アナ評論家の高島恒雄氏)

 退社カウントダウンとなったカトパンこと加藤綾子アナ(30)。女王の名をほしいままにしたフジテレビでの“8年間の軌跡”とは? 2008年にフジに入社したカトパンは、フジ以外にも日本テレビ、TBSの内定を得ていたことから、入社前から“スーパー綾子”と呼ばれ、大変な注目を集めていた。「女子アナ採用試験の倍率が1000倍以上といわれる民放キー局3社から内定を得ていたというのだから、当時からすでに、その逸材ぶりは飛び抜けていたのでしょう」(番組関係者)

 入社年の10月からは、新人アナによる『○○パン』シリーズの第4弾となる『カトパン』がスタートし、人気俳優や売れっ子芸人相手にも物怖じしない大物ぶりを見せていたが、その一方で、ヤンチャな過去がほじくり返されるという、手荒い洗礼を受けることとなってしまった。「中学時代にホストとつきあっていた過去や、その彼とキスしているプリクラ。茶髪でイケイケな読者モデル時代の、胸の谷間もあらわな水着ショットなどが流出したんです」(前同)

 だが、転んでもタダでは起きないあたりは、さすが“スーパー綾子”。「一連のゴシップのおかげで、“もう優等生ではいられない”という開き直りができたのでしょう。以来、できるだけ自然体でいようと心がけるようになったといいます。笑い声やリアクションも大きくなって、本来の魅力がより視聴者に伝わるようになってきました」(前出の高島氏)

 大きな転機は、09年10月にスタートした明石家さんまの『ホンマでっか!?TV』への出演だろう。「さんまのセクハラまがいのキツいツッコミを笑顔でかわし、鋭いボケには抜群のリアクションで応える、堂々の司会ぶりで、さんまと視聴者を骨抜きにしました」(テレビ誌記者)

 そして、番組スタートから約1年後の10年7月の放送で、驚きの“バスト事情”が判明する。「日本女性のバストの話題の中、さんまに“ほら、こういう話題になると加藤はEカップなもんだから、自慢げに前に出てくる”と、スレンダーに見えて、実はEカップバストの持ち主であることをバラされました。カトパンは“前になんか出てないですよ~”と、さんまの肩を叩きましたが、Eカップについては一切否定しませんでした」(前同)

 これによって、男性視聴者の視線は、そのボディにも熱く注がれるようになっていったわけである。「深夜帯で始まった番組の注目度は、この“事変”で急上昇し、3か月後にゴールデンタイム進出を果たします。そして、同年末に発表されたオリコンの<好きな女性アナウンサーランキング>に、前年の圏外から、いきなり4位にランクイン。翌11年から2年連続で1位となり、女子アナ界のトップに君臨する人気者となったんです」(同)

 12年春からは、1年先輩の生野陽子アナと並んで『めざましテレビ』のメインMCに昇格。14年秋からは単独メインを務め、フジの朝の顔として出勤前のお父サンを元気づけ、多くのレギュラー番組や特番にも引っ張りだことなった。恋愛スキャンダルで世間を賑わせたこともあったが、その相手がまた、「さすがスーパー綾子!」という超大物。「14年2月に米大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手との、“赤坂割烹デート”をキャッチされたんです。これについては今年2月19日放送の『ダウンタウンなうSP』で、“別世界の人なんで”と男女関係を必死で否定していましたが……」(芸能記者)

 そんな彼女だけに、退社後も仕事は心配ない様子。「すでに、フジのスポーツ情報新番組『スポーツLIFE HERO’S』のメインMCが決まっています」(前出のテレビ誌記者) フリーになるにあたり、高島彩らフジOGが多く所属する『フォニックス』入りが確実視されていたが、蓋を開けてみると、篠原涼子らが所属する『ジャパンミュージック・エンターテインメント』だった。「営業力が弱くなってきているフォニックスには来ないほうがいいという高島のアドバイスもあり、ジャパン社に決めたようですね。教員免許があり、教育番組などにも興味があるというカトパンの可能性をより広げる意味でも、いい選択だったんじゃないでしょうか」(芸能プロ関係者)

 今後は婚活にも力を入れると思われるカトパンから、ますます目が離せない。

カトパン、デビューからゴシップ&恋愛まで「8年間の軌跡」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.