日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】産経大阪杯は「男の祭り」になるはず!?

[週刊大衆04月11日号]

 Jリーグに続いて、プロ野球も開幕。今年、我が愛する阪神タイガースを率いるのは、金本知憲新監督。巨人では高橋由伸監督が、DeNAではアレックス・ラミレス監督が新たに就任し、ヤクルトの真中満監督、広島の緒方孝市監督、中日の谷繁元信監督と合わせ、今年のセ・リーグは全員が40代。ちょっと前までは、監督というとずーっと年上の方が務めるものだと思っていただけに、これは、ちょっとした驚きです。交流戦も含め、年間143試合。各監督がどんな采配を振るい、どんなドラマを見せてくれるのか。一ファンとして、広い心で見守っていきたいと思います。

 野球だけじゃありません。今年は4年に一度のオリンピックイヤー。世界を舞台に戦う日本人選手の活躍が、あちこちから聞こえてきます。クアラルンプールで開催された卓球の世界選手権では、男女ともに快進撃。決勝では中国に敗れ、金メダルは逃しましたが、まだ中学生という伊藤美誠選手の堂々とした戦いっぷりには正直、驚かされました。準決勝、決勝……ステージが上がるごとにその緊張感は増していくはずなのに、その最高にしびれる場面でも自分のプレーがきちんとできるこれはスゴイことです。

 バドミントンの全英オープンで優勝した奥原希望選手の粘りにも目を奪われました。ゼッタイに諦めない――言葉にするのは簡単ですが、実行し、成し遂げるためには、高い技術と精神力、練習量が必要です。それも、普通レベルじゃない。とてつもなくハイレベルな積み重ねです。この大会では、高橋礼華・松友美佐紀選手のペアもダブルスで優勝。日本の強さをあらためて見せつけてくれました。

次ページ >> 【武豊】産経大阪杯は「男の祭り」になるはず!?

【武豊】産経大阪杯は「男の祭り」になるはず!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.